励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【法律その他】 裁判所により選任された職務代行者に対する報酬は、事業協同組合が負担すべきであるとして、予納金を納入した原告による不当利得返還請求が認められた事例 奈良地裁平成29年5月23日判決 | トップページ | <今回の大雨被害に係る災害被災への対応について> »

2018年7月 8日 (日)

【法律その他】 マンション管理組合における会計帳簿等の閲覧・写真謄写の可否

 判例時報No2368号で紹介された大阪高裁平成28年12月9日判決です。

 Kimg3545

 大阪高裁は、

 管理組合と組合との関係につき、管理組合と組合員との関係につき、

 管理組合と組合員との間の法律関係が準委任の実質を有することに加え、マンション管理適正化指針が管理組合の透明化を求めてきたこと、 

 一般法人法が法人の社員に対する広範な情報開示義務を定めていることを視野に入れるならば、管理組合と組合員との間の法律関係には、これを排除すべき特段の事情のない限り、民法645条の規定が類推適用されると解するのが相当である

 したがって、管理組合は、個々の組合員からの求めがあれば、その者に対する当該マンションの管理業務の遂行状況に関する報告義務の履行として、業務時間内において、その保管する総会議事録、理事会議事録、会計帳簿及び裏付け並びに什器備品台帳を、その保管場所又は適切な場所において、閲覧に供する義務を負う。

 Kimg3630
 次に、民法645条の報告義務の履行として、謄写又は写しの交付をどの範囲で認めることができるかについて問題となるところであるが、少なくとも、閲覧対象文書を閲覧するに当たり、閲覧を求めた組合員が閲覧対象文書の写真撮影を行うことに特段の支障があるとは考えられず、管理組合は、上記報告義務の履行として、写真撮影を許容する義務を負うと解する。

 Kimg2862
 この判例、社員や組合員の立場からするといろいろ使えそうな気がします💦

« 【法律その他】 裁判所により選任された職務代行者に対する報酬は、事業協同組合が負担すべきであるとして、予納金を納入した原告による不当利得返還請求が認められた事例 奈良地裁平成29年5月23日判決 | トップページ | <今回の大雨被害に係る災害被災への対応について> »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ