励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 新人弁護士採用の案内 (^_-)-☆ | トップページ | 【金融・企業法務】 月刊監査役3月号 »

2018年3月21日 (水)

今治に本店のある会社の管財事件が今治以外の弁護士に委嘱される!?

 東京商工リサーチから、今治の島しょ部に本店のある海運会社が最近今治の裁判所で破産開始決定を受けたという速報をいただきました。

 速報をみる限りさほど難しそうな事案ではなさそうでした(負債総額5000万円程度で、船舶は売却済み)が、なぜか、破産管財人は今治以外の弁護士が選任されていました。

 田舎弁護士の場合は銀行の顧問をしているので、利益相反の問題もあり法人の管財事件はなかなか廻ってこないのですが、それでも今治には昔と異なりたくさんの弁護士がいるのですから、今治の弁護士が破産管財人に選任されるのが自然だと思うのですが、今治以外、殊に、松山の弁護士に廻されることを散見されます。

 このままだと、今治の若手弁護士や中堅弁護士が管財事件に携わることができず、貴重な経験を積むことができないように思います。

 今治の事件は、特別な事情がない限り、今治の若手や中堅弁護士に廻してもらいたいものです。

 同じことは、後見もそうなんですよね。後見人の先生が、今治の司法書士ではなく、今治以外の司法書士が選任されることも散見します。これも、今治の若手や中堅司法書士に廻してもらいたいものですね。

 困ったもんじゃわい。 地産地消は士業の世界でもいえるのではないかと思います。

« 新人弁護士採用の案内 (^_-)-☆ | トップページ | 【金融・企業法務】 月刊監査役3月号 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ