励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【消費者法】 認定司法書士が、弁護士法72条に違反して締結した裁判外の和解契約の効力 | トップページ | 【医療事故】 安全・安心なインプラント治療のために »

2017年12月21日 (木)

【法律その他】 既にした執行処分の取消し等により強制執行が目的を達せずに終了した場合の執行費用の負担

 判例タイムズNo1441号で紹介された最高裁平成29年7月20日付判決です。

 事案は、債権者Xの申立てにより開始された債務者Yの不動産についての強制競売申立が、Yの請求異議の訴えに係る請求を認容する確定判決により取り消された(弁済金供託)ため、Xが、民事執行法20条を準用する民訴法73条1項の規定に基づき、それまで支出された本件強制競売の執行費用をYの負担とすることを申し立てたというケースです。

 Kimg0014
 最高裁平成29年7月20日決定は、Xの主張どおり、既にした執行処分の取消し等により強制執行が目的を達せずに終了した場合における執行費用の負担は、執行裁判所が、民事執行法20条において準用する民訴法73条の規定に基づいて定めるべきであると判断しております。

« 【消費者法】 認定司法書士が、弁護士法72条に違反して締結した裁判外の和解契約の効力 | トップページ | 【医療事故】 安全・安心なインプラント治療のために »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ