励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 紛争解決手段の法的枠組み 中山幸二明治大学法科大学院教授 | トップページ | 警察署協議会代表者連絡会議に、今治警察署協議会の代表として参加しました。 »

2017年12月29日 (金)

金融ADRの実務

 市民のための金融商品取引法の最終回(20回)「金融ADRの実務」です。

 今回はこれを聞きに来たものです。

 講師は、証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)の青木一郎専務理事です。

 Kimg0351


 FINMACですが、昨年は、相談件数6736件、苦情1226、あっせん152だったようです。平成22年からのデータでは、平成26年が相談が9000件あったのに、あつせんは159件、あっせんが多かったのは平成23年で467件で、現在は大幅に減少しております。

 内容をうかがう限り、あっせんでは、金融機関に対しては少し厳しい意見を出して、少しでも投資者の保護になるような解決がなされているようです。

 県庁所在地等全国50か所であっせんを実施しているようなので、利便性が高いと思います。

 田舎弁護士も相談があれば使ってみたいと思います。

 なお、来年は、市民のためのシリーズは開講されないようです。東京出張が大幅に減りそうです。

« 紛争解決手段の法的枠組み 中山幸二明治大学法科大学院教授 | トップページ | 警察署協議会代表者連絡会議に、今治警察署協議会の代表として参加しました。 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ