励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【法律その他】 判決で登記ができるの? | トップページ | 【労働・労災】 最近、、スタッフからのパワハラ、セクハラ等の申出多くありませんか? »

2017年9月 8日 (金)

【法律その他】 遺言書って、どう書いたらいいの?

 日本加除出版から、平成29年1月に、「改訂遺言条項例300」という書籍が出版されました。

 Kimg8637
                  (小谷城)

 遺言書の作成・立ち合いって、以前と比べて、ご依頼件数がかなり減少したような気がします。日本公証人連合会の統計だと以下のとおりです。

遺言公正証書作成件数
     平成19年 74,160件
     平成20年 76,436件 
     平成21年 77,878件
     平成22年 81,984件
     平成23年 78,754件  
     平成24年 88,156件
     平成25年  96,020件
     平成26年104,490件
     平成27年110,778件
     平成28年105,350件

  平成27年までは増加傾向にあったようですが、依頼件数は反対ですねweep

  その原因としては、おそらく公証人の先生にて丁寧に対応されていることや、信託銀行等別の専門家に依頼されるケースが増えているのではないのかなと想像しております。

 ただ、注意してもらいたいのは、公正証書遺言でも、死後のトラブルは防止できないということです。実際に、相続争いになった場合、死後のトラブルを踏まえた遺言条項になってなかったり等後で相続人が苦労するようなケースも少なくありません。

 それはさておき、この書籍は、遺言条項例が300例もあるほか、ケース別の文例集も詳しく載せております。遺言書を作成する際には、是非目をとおしておく必要があります。

 

« 【法律その他】 判決で登記ができるの? | トップページ | 【労働・労災】 最近、、スタッフからのパワハラ、セクハラ等の申出多くありませんか? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ