励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 日弁連夏期研修後の懇親会。。。 | トップページ | 【行政】 住民訴訟の係属中にされたその請求に係る市の損害賠償請求権及び不当利得返還請求権をいずれも放棄する旨の市議会の議決が違法であると判断された事例 »

2017年8月 5日 (土)

将来の法律事務所像

 田舎弁護士自身は、弁護士一人事務所が気軽でマイペースで仕事ができるので、なかなか気に入っております。

 昔気質の職人肌の弁護士なので、気に入らない書面だと何度も作り直しを指示します(陶芸家だと気に入らなければ作品を割ってしまうのと同じ)。

 ですが、よくよく考えると、素晴らしい内容の書面でも、標準どおりの書面が作成さえできていれば、裁判所の結論はほとんど変わらないように思います。

 ここ数年、多くの経営者の方とお話しさせていただく機会が増えました。

 Kimg7879
                (愛媛県・小松)

 成功されている方は、やはり、人にまかせることができる方です。人にまかせることができない人は、やはり企業を成長させることができません。

 法律事務所の場合、従前は、1人事務所、せいぜい2人事務所が主流だったために、事務所の成長や存続というところには余り配慮していなかったように思います。

 しかしながら、社会がここまで複雑化し、また、消費者の要望も多種多様で、また、その水準も高くなっていることからすれば、法律事務所の組織化は避けて通れないテーマです。

 Kimg7887
               (西条ナポリタン)

 とはいえ、法律事務所の場合、弁護士の数が増えると、種々の事情から、独立、分裂という話も時折ききます。

 法律事務所の発展のためには、まずは、風通しのよい組織を作り、この組織に所属することのメリットを感じてもらうということが必要なんだろうなと思います。

 過払いバブルで成長した事務所をみると、過払いバブルがはじけるや小さくなっているところも散見されます。

 また、給料などの待遇面は、今後の生活にかかわることが非常に重要です。

 Kimg7891_2
 久しぶりに、小松のマルブンでランチをいただきました。はじめてこのお店を訪ねたのは20年近く前になりますが、その時と同じように、活気があり、しかも、ホスピタリティーにあふれたレストランでした。あいかわらずの行列ですが、行列で待たされているお客様へのフォローも十分です。

 小松の片田舎(失礼coldsweats01)から、今では、愛媛県内に多数の店舗を出店するまでになっております。日本で一番大切にしたい会社にも選ばれています。

 田舎弁護士がめざす法律事務所もぜひこうありたいところです。

 Kimg7884

« 日弁連夏期研修後の懇親会。。。 | トップページ | 【行政】 住民訴訟の係属中にされたその請求に係る市の損害賠償請求権及び不当利得返還請求権をいずれも放棄する旨の市議会の議決が違法であると判断された事例 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ