励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 8月22日午後3時から、平成29年度愛媛中小企業指導センター職員向けの研修会の講師を担当いたします。 | トップページ | 【消費者法】 モデルチェンジと消費者契約法 »

2017年8月17日 (木)

【法律その他】 道垣内 信託法

 有斐閣から、平成29年5月に道垣内弘人先生の信託法が出版されていたので、購入しました。

 購入の動機は、不動産流動化スキームの相談があったからなのですが、田舎弁護士はあまり信託についての知見はないのでとりあえず道垣内先生の本であれば間違いないだろうということで購入しました。

 Kimg7867
 田舎弁護士が少し信託の勉強をしたのは、「過払い金が生じている貸金債権が信託財産である場合」くらいですかね。道垣内先生の書籍にもP76で紹介されていました。

 さて、本書の構成は、9章から構成されます。

 ① 総論、② 信託の設定、③ 信託財産と受託者による取引のメカニズム、④ 受託者の義務と責任、⑤ 受益者と受益権、⑥ 委託者、⑦ 信託の変更・併合・分割、⑧ 終了・清算・倒産、⑨ 罰則です。

 

 

« 8月22日午後3時から、平成29年度愛媛中小企業指導センター職員向けの研修会の講師を担当いたします。 | トップページ | 【消費者法】 モデルチェンジと消費者契約法 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ