励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【法律その他】 刑法の一部(性犯罪)が改正されました。 | トップページ | 日弁連夏期研修に出席しました(クレメント高松) (^^♪ »

2017年8月 1日 (火)

【金融・企業法務】 宗教法人名義の資産を担保にとった場合。。。

 判例時報No2332号で紹介された高松高裁平成28年11月25日判例です。

 銀行の宗教法人代表者への貸付債権を被担保債権とする当該宗教法人との間の根抵当権設定契約が宗教法人法等に定める手続がとられないことを理由として無効と判断され、また、当該宗教法人による無効主張が信義則に反するとの銀行の主張が排斥された事例

 宗教法人法21条2項は代表社員との間で利益相反が生じた場合には、仮代表社員を選任する必要があること、また、23条は不動産等を担保に供する倍には1ケ月前に信者等に対して公告しなければならないことを定めておりますが、いずれも当該銀行はその手続きを宗教法人が履践していないことを知って融資を実行したという事案です。

 銀行としてはいささかお粗末なことになっております。

 Kimg7813

« 【法律その他】 刑法の一部(性犯罪)が改正されました。 | トップページ | 日弁連夏期研修に出席しました(クレメント高松) (^^♪ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ