励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【金融・企業法務】 不実開示に関する責任 By 後藤元准教授 | トップページ | 【金融・企業法務】 顧客本位の業務運営に関する原則 »

2017年7月25日 (火)

【金融・企業法務】 電子マネーを不正使用された場合の裁判例

 金融法務事情NO2069号で紹介された判決速報です。

 Kimg7620
 判決要旨は以下のとおりです。

 プリペイト型電子マネーを登録したスマートフォンを紛失した場合、携帯電話の電話回線の停止と届け出るだけではなく、当該電子マネーの提供事業者にも届け出なければ第三者による不正使用を防止することができないことを認識していない登録会員がいると想定される以上、その旨を十分に周知しなかった当該提供事業者には、周知義務に違反した不法行為責任がある。

 通信機器やアプリケーションソフトの発展には田舎弁護士はついていけないなあ。

 

« 【金融・企業法務】 不実開示に関する責任 By 後藤元准教授 | トップページ | 【金融・企業法務】 顧客本位の業務運営に関する原則 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ