励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【法律その他】  民法改正って一言で説明できるの? | トップページ | 四国生産性本部・企業会計研究会第2例会 平成29年度税制改正の概要と今後の動向、電子帳簿保存法への対応 (高松レクザムホール)に参加しました。 »

2017年7月10日 (月)

【金融・企業法務】 信用保証協会と金融機関との間で保証契約が締結され融資が実行された後に主債務者が中小企業者の実体を有しないことが判明した場合において、信用保証協会の保証契約の意思表示に要素の錯誤がないとされた事例 最高裁平成28年12月19日判決

 金融法務事情No2066号で紹介された最高裁平成28年12月19日付判決です。

 判決要旨は以下のとおりです。

 信用保証協会と金融機関との間で保証契約が締結され融資が実行された後に主債務者が中小企業者の実体を有しないことが判明した場合において、

 上記保証契約の当事者がそれぞれの業務に照らし、上記の場合が生じうることが想定でき、その場合に信用保証協会が保証債務を履行しない旨をあらかじめ定めるなどの対応を採ることも可能であったにもかかわらず、

 上記当事者間の信用保証に関する基本契約および上記保証契約等にその場合の取扱いについての定めが置かれていないなど判示の事情のもとでは、

 主債務者が中小企業者の実体を有することという信用保証協会の動機は、それが表示されていたとしても、当事者の意思解釈上、上記保証契約の内容になっていたとは認められず、信用保証協会の上記保証契約の意思表示に要素の錯誤はない。

 Kimg2084

« 【法律その他】  民法改正って一言で説明できるの? | トップページ | 四国生産性本部・企業会計研究会第2例会 平成29年度税制改正の概要と今後の動向、電子帳簿保存法への対応 (高松レクザムホール)に参加しました。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ