励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【弁護過誤】 恐ろしくて、売買の立会人等できない事例 東京地裁平成28年11月29日判決 | トップページ | 【労働・労災】 定年後の再雇用拒否につき、労契法19条2号を類推適用して定年後の再雇用契約が成立したと判断した事例 東京地裁平成28年11月30日判決 »

2017年7月 7日 (金)

先月で、50歳を迎えました (^_^)

 先月で、50歳を迎えました。

 ここ数年前から、各種団体、委員会の副会長職、役員につくことが増え、まだ、40歳代ということがわかると、「若いね~」と言われることが少なくありませんでした。

 ですが、50歳代になりますと、そういうわけにはまいりません。また、これまでは副会長職でしたが、先月からは、今治署警察協議会会長や愛媛県異業種交流研究会人材開発委員会委員長、愛媛経済同友会幹事等の役職に就任し、一層、気を引き締めて精進していきたいと考えております。

 Kimg7158
              (リーガロイヤルホテル広島から)

 また、そのため、出張も増えており、事務所をあけることも数年前と比べて格段に増加しております。

 弁護士の場合、多数の法律相談を受けて、その中からご依頼事件を受任ということになるために、出張が多いと、事務所内で法律相談を受ける時間が少なくなります。

 また、田舎弁護士の事務所の場合、顧問先様もそれなりに多数ご契約いただいていることから、顧問先様への対応の時間も確保しておく必要があります。

 というわけで、新人弁護士さんも採用したいという気持ちもありますが、今のところ、これはと思う方には出会えません。また、今後も、弁護士の数は急増することは確実ですので、弁護士を雇い入れても、その給料を支払うだけの経済的な基盤がこれまでと同様に維持できるのか疑問なしとはいえません。

 弁護士にとって、先行きの不透明な状況は続いております。 

 弁護士資格だけではなく、+α の、αを確固として持っている方であれば、事務所にきていただければと思います。

 生き残りのために今後どうしていけばいいのか、共に考えられる方であればいいですね。

 Kimg7552

 50歳にもなると将来のことなどいろいろ考えますが、とりあえずは、弁当でも食べて元気復活と行きたいものです。 

« 【弁護過誤】 恐ろしくて、売買の立会人等できない事例 東京地裁平成28年11月29日判決 | トップページ | 【労働・労災】 定年後の再雇用拒否につき、労契法19条2号を類推適用して定年後の再雇用契約が成立したと判断した事例 東京地裁平成28年11月30日判決 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ