励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 明治大学法科大学院 市民のための金融商品取引法 | トップページ | 【行政】 京都府風俗案内所の規制に関する条例と憲法22条1項、21条1項 »

2017年6月26日 (月)

弁護士の経営戦略

 民事法研究会から5月に「弁護士の経営戦略 」という書籍が出版されていましたので、ご紹介いたします。

 執筆者は、労働法等で有名な高井伸夫弁護士です。

 はしがきから素晴らしい指摘をされています。

 「第1章に『営業力』をあてたのは、私自身、50年間の弁護士生活の中で、『販売即経営』という言葉の持つ意味を何度も味わってきたからです。営業ができなければ、弁護士という仕事は成り立ちません。そして、営業力を実現するためには、個々人の能力である『弁護士力』が前提として必要であり、事務所として依頼者の要望に応えるには『事務所力』を向上させる必要があります。これらのバックボーンとして『人間力』が要求されるのは、プロフェショナルの生き様であるといってよいでしょう。」

 営業力、弁護士力、事務所力、人間力をそれぞれ章立てにして、高井先生の考え方をわかりやすく記載されています。

 「信用は、約束を守り、相手に利益を与えることから始まる

 お金は結果としてついてくる」

 「信用を得ることを優先すれば、一生懸命仕事をしよう、依頼者のためになる仕事をしようという意識が芽生え、その結果として成果が挙がりやすくなるのです」

 これって、少しヒヤリとしました。確かに、先にお金を得れば、仕事あるいは依頼者に対しておざなりになりがちで、結果としてぼったくりと思われるということもありえるでしょう。

 なお、弁護士力では、「つまり、長い間働くことは、依頼者に頼られる弁護士になる近道なのです。今は9時から5時までなどと言っていたのでは、弁護士はとても社会に対応できません。このように、弁護士は平日は24時間仕事のことを考えることになります。そしてそれだけでは足りず、休日も頭を回転させなければなりません。それだけにオンとオフの切り替えが非常に大切になります。これが上手でないと弁護士はつぶれてしまいます。」

 Kimg6869

 オフの時間帯に、水天宮のロイヤルパークホテルで行きつけのバーで拝読せていただきました。

« 明治大学法科大学院 市民のための金融商品取引法 | トップページ | 【行政】 京都府風俗案内所の規制に関する条例と憲法22条1項、21条1項 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ