励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月30日 (金)

【建築・不動産】 欠陥住宅中四国ネット主催の欠陥住宅問題セミナーが開催されました。

Kimg6912 

6月3日午後5時から、愛媛弁護士会館で、欠陥住宅中国四国ネット主催(愛媛弁護士会協賛)にて、「欠陥住宅問題セミナー」を開催いたしました。講師は、風呂橋誠弁護士です。

 

今回愛媛にて欠陥住宅問題セミナーを開催いたしましたのは、昨年日弁連住宅紛争処理検討委員会にて私が風呂橋先生から声をかけられ、愛媛では欠陥住宅問題に適切に対応できるような組織作りがされていないことから、まずは、組織的な取り組みができるための最初の第一歩として、今回のセミナー実施に至りました。組織的な取り組みのためには、当然のことですが、建築士の先生の協力が不可欠であり、今回のセミナー実施にあたっては、建築士の先生方にも声をかけさせていただきました。

 

 今後も頑張っていきたいと思います。

 セミナーには、弁護士36名、司法修習生2名、建築士9名と、盛大に開催することができ、御礼申し上げます。

 テーマは、住宅の新築・リフォーム工事における瑕疵と救済ということでした。お話の中で、欠陥住宅等の事案を取り扱う際の現場での注意点(ノウハウ)については、現場の第一線で活躍されている先生ならではのものであり、とても参考になりました。

 セミナー終業後の懇親会では若い方を中心に10名ほど集まり、風呂橋先生を囲み、今後についての話し合い等が行われました。

 とてもよいセミナーだったと思います。ありがとうございました。

Kimg6917

2017年6月29日 (木)

田舎弁護士が、今治市行政改革推進審議会の副会長に選任されました m(__)m

 本日、今治市役所第3別館(旧今治小学校)にて、第1回今治市行政改革推進審議会が開催されました。

 Kimg7400 

 議題は、3つでした。①会長及び副会長選任の件、②今治市行政改革ビジョンの概要の件、③今後の日程の件でした。

 Kimg7401
 会長は、妹尾克敏松山大学法学部教授、副会長は、不肖、田舎弁護士が選任されました。

 Kimg7403
 初心に戻って、子や孫のために頑張っていきたいです。heart04



 

2017年6月28日 (水)

【労働・労災】 私立大学の教員に係る期間1年の有期労働契約が3年の更新限度期間の満了後に期間の定めのないものとなったとはいえないとされた事例 平成28年12月1日付最高裁判決

 判例タイムズNo1435号で紹介された最高裁平成28年12月1日付判決です。

 Kimg6890

 判決要旨は以下のとおりです。

 私立大学の教員に係る期間1年の有期労働契約は、

① 当該労働契約において、3年の更新限度期間の満了時に労働契約を期間の定めのないものとすることができるのは、

 これを希望する教員の勤務成績を考慮して当該大学を運営する学校法人が必要であると認めた場合である旨が明確に定められており、

 当該教員もこのことを十分に認識した上で当該労働契約を締結したものとみることができること、

② 大学の教員の雇用については一般的に流動性があることが想定されていること、

③ 当該学校法人が運営する3つの大学において、3年の更新限度期間の満了後に労働契約が期間の定めのないものとならなかった教員も複数に上っていたこと

 など判示の事情の下においては、

 当該労働契約に係る上記3年の更新限度期間の満了後に期間の定めのないものとなったとはいえない。

 Kimg6880
 ※有期労働契約の無期労働契約への転換については、大学の教員等の任期に関sるう法律の改正により、大学の教員等に係る通算期間については、10年とする特例が定められ、平成26年4月1日から施行されているようです。

2017年6月27日 (火)

【行政】 京都府風俗案内所の規制に関する条例と憲法22条1項、21条1項

 憲法判例です。

 判例タイムズNo1435号で紹介された最高裁平成28年12月15日判決です。

 京都府風俗案内所に関する条例の規制内容は、以下のとおりです。

 本件条例は、風俗案内所に起因する府民に著しく不安を覚えさせ、又は不快な念を起こさせる行為、犯罪を助長する行為等に対し必要な規制を行うことにより、青少年の健全な育成を図るとともに、府民の安全で安心な生活環境を確保することを目的として(1条)、学校、児童福祉施設等の敷地から200m以内の区域(営業禁止区域)における風俗案内所の営業を禁止し(3条1項)、違反者に対して刑罰を科することを定める(16条1項1号)ともに、表示物等に関する規制として、風俗案内所を営む者が、風俗案内所の外部に、又は外部から見通すことができる状態にしてその内部に、接待風俗営業(歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなして飲食させる営業)に従事する者を表す図画等を表示すること等を禁止しています(7条2号)。

 最高裁は、京都府議会が本件条例所定の保護対象施設の敷地から200m以内の区域における風俗案内所の営業を禁止する規制を定めたことが合理的な裁量の範囲を超えるものとはいえず、本件条例の規定(3条1項、16条1項1号)が憲法22条1項に違反しないと判断しました。

 また、本件条例の規定(7条2号)についても、京都府議会が同規制を定めたことが、合理的な裁量の範囲を超えるものとはいえず、憲法21条1項に違反しないと判断しました。

 Kimg6879

2017年6月26日 (月)

弁護士の経営戦略

 民事法研究会から5月に「弁護士の経営戦略 」という書籍が出版されていましたので、ご紹介いたします。

 執筆者は、労働法等で有名な高井伸夫弁護士です。

 はしがきから素晴らしい指摘をされています。

 「第1章に『営業力』をあてたのは、私自身、50年間の弁護士生活の中で、『販売即経営』という言葉の持つ意味を何度も味わってきたからです。営業ができなければ、弁護士という仕事は成り立ちません。そして、営業力を実現するためには、個々人の能力である『弁護士力』が前提として必要であり、事務所として依頼者の要望に応えるには『事務所力』を向上させる必要があります。これらのバックボーンとして『人間力』が要求されるのは、プロフェショナルの生き様であるといってよいでしょう。」

 営業力、弁護士力、事務所力、人間力をそれぞれ章立てにして、高井先生の考え方をわかりやすく記載されています。

 「信用は、約束を守り、相手に利益を与えることから始まる

 お金は結果としてついてくる」

 「信用を得ることを優先すれば、一生懸命仕事をしよう、依頼者のためになる仕事をしようという意識が芽生え、その結果として成果が挙がりやすくなるのです」

 これって、少しヒヤリとしました。確かに、先にお金を得れば、仕事あるいは依頼者に対しておざなりになりがちで、結果としてぼったくりと思われるということもありえるでしょう。

 なお、弁護士力では、「つまり、長い間働くことは、依頼者に頼られる弁護士になる近道なのです。今は9時から5時までなどと言っていたのでは、弁護士はとても社会に対応できません。このように、弁護士は平日は24時間仕事のことを考えることになります。そしてそれだけでは足りず、休日も頭を回転させなければなりません。それだけにオンとオフの切り替えが非常に大切になります。これが上手でないと弁護士はつぶれてしまいます。」

 Kimg6869

 オフの時間帯に、水天宮のロイヤルパークホテルで行きつけのバーで拝読せていただきました。

2017年6月25日 (日)

明治大学法科大学院 市民のための金融商品取引法

 先月、明治大学法科大学院での「市民のための金融商品取引法」を受講してきました。

 Kimg6851

 最初に、青山善充東大名誉教授のイントロがあり、その後、栗原脩先生の第1回及び第2回講義が開催されました。

 Kimg6846
 青山先生は、民訴法の泰斗ですが、お久しぶりにお顔を拝見いたしました。

 Kimg6849
 第1回、第2回は、元日本興業銀行取締役証券部長で弁護士の栗原脩先生の解説でした。

 市民のということなので、一般の市民向けに、しかも、40歳から50歳を対象の講座内容となっておりますが、やはり、法律家にとって、金商法の全体的な理解は結構きついですねえ。

 第1回は、証券投資の基礎概念ですが、経済学のお話がほとんどでした。そして、アメリカ人の投資家や研究者のお名前がどんどん出てくる。。。。

 証券会社のセミナーのようでした💦

 第2回は、金商法の沿革・体系で、アメリカ等と比較しながらの説明がされていました。

 昭和27年からの改正から平成29年までの改正まで、簡単なコメント付きでの解説でした。

 法律の改正って、田舎弁護士を含めて中堅ベテランの弁護士はなかなか勉強する時間(と意欲)がないから、勉強する時間と意欲のある若手の逆転のチャンスですよね💦

 Kimg6845
               (リバティ―タワー)

2017年6月24日 (土)

【金融・企業法務】 特例有限会社における任期の定めのない取締役が解任された場合について、当該取締役は、解任の正当な理由の有無にかかわらず、会社法339条2項に基づく損害賠償請求をすることができないとした事例 東京地裁平成28年6月29日判決

 判例時報No2325号で紹介された東京地裁平成28年6月29日付判決です。

 Kimg6778
               (今治国際ホテル)

 特例有限会社における任期の定めのない取締役が解任された場合に、当該解任された者が、会社法339条2項に基づき、会社に対して損害賠償を請求することができるかが問題となります。

 見解の対立はあるようですが、解説を読む限り、消極説の方が有力なようです。

 ただし、「同項以外の根拠に基づく会社に対する損害賠償請求の余地は残している」と解説されています。

 Kimg6773
               (ドンドビ交差点)

2017年6月23日 (金)

【建築・不動産】 弁護士が悩む不動産に関する法律相談 

 第一東京弁護士会が編著者をしている「弁護士が悩む不動産に関する法律相談」です。

 以前にも紹介した書籍でしたが、積読状態を解消できましたので、少し報告いたします。

 Kimg6673
                 (高松城)

第1章 不動産売買に関する事例

事例1 仲介手数料請求が否定された事案

 ※不動産売買契約成立後に、買主側の仲介業者が買主に対し仲介手数料を請求したところ、不動産取引仲介契約上の義務を履行していないとして、仲介手数料の請求が認められなかった事例

事例2 土地に対する瑕疵担保責任

 ※購入した土地に伐採木等が埋設されており、建設した建物に不同沈下が生じたことから、不動産販売建築業者に損害賠償を請求した事案

事例3 借地権付き賃貸アパートの売却

 ※借地権を権原として建つ賃貸アパート1棟をより有利な価額で売却するに当たって、借地権であるがゆえに、売却の相手方や評価額について、特に検討や工夫を要した事例

事例4 親族間の借地権争い~和解の対応~

 ※親族間の土地利用について、借地権か使用貸借かが争われ、地裁と高裁で見解がわかれ、高裁段階での和解を拒否してしまったことで紛争が継続し、弁護士として反省しきりの事例

Kimg6687_2
 このような事例の説明が30程続けられたあとに、座談会として、不動産に関する弁護士実務について、忌憚のない意見をうかがうことができたのは参考になりました。

2017年6月22日 (木)

【金融・企業法務】 会計基準の改正の最新動向と実務対応

 弁護士って、決算や税務とは余り縁のない仕事だと昔は思っていましたが、田舎弁護士にも決算や税務が絡む草案事案が増えており、税理士の先生と二人三脚で仕事をすることも増えております。

 また、最近では、会社の監査役業務も依頼されることが少しずつですが増えておりますので、今では、必要に迫られた状態で会計の勉強をしております。

 そのため、2年程前から、四国生産性本部・企業会計研究会に参加させていただき、企業会計の勉強をしているところです。

 Kimg6684
 講師の先生は、トーマツの山添清昭公認会計士です。「会計基準の改正の最新動向と実務対応」というテーマです。

 第1点は、「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」です。

 平成27年12月28日付で、企業会計基準委員会(ASBJ)より、企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(本件適用指針)が公表されました。

 本件適用指針は、従来の税効果会計のルールである監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取扱い」を、日本公認会計士協会(JICPA)からASBJに移管して、会計基準化したものです。

 移管に伴って、主に分類2から分類4までの回収可能性の判断要件の見直し等が行われています。

 Kimg6686

 第2は、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」です。

 平成28年度税制改正において、平成28年4月1日以後に取得する建物附属設備及び構築物の法人税法上の減価償却方法について、定率法が廃止され定額法のみとなる見直しが行われました。

 企業会計基準委員会より、当該税制改正に合わせ、平成28年4月1日以後に取得する建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定額法に変更する場合に、当該減価償却方法の変更が正当な理由に基づく会計方針の変更に該当するか否かに関して、平成28年6月17日付で、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」が公表されました。

 Kimg6687
 このあたりの説明の段階で、どこか船をこいでいるのではないかと思われる方がおられました gawk

 

サッポロの池田弁護士ご夫妻から、誕生プレゼントをいただきました。

 以前、田舎弁護士の事務所で勤務されていた池田弁護士ご夫妻から、本日、誕生プレゼントをいただきました。

 Kimg7284

 札幌の洋菓子で、なんと、3段積みになっております。

Kimg7287
 第1弾です!Kimg7286
 第2弾です!! Kimg7287_2
 第3弾です!!!

 とてもおいしくて有名なお店の洋菓子です。退職後も、このようなお付き合いができるなんてとても嬉しい限りです。

 今日、食べるがね (^^♪

2017年6月21日 (水)

愛媛経済同友会の「幹事」に選任されました。

 愛媛経済同友会の「幹事」 に選任されました。

 ご承知のとおり、愛媛経済同友会は、

 「社団法人経済同友会(東京)」が、終戦直後の昭和21年に日本経済の堅実な再建のために設立され、現在、全国各地に44団体設立されております。
 愛媛経済同友会は、昭和41年3月、広島・関西両経済同友会の熱心なご要請、ご指導のもとに、四国で徳島に次いで2番目の経済同友会として設立されました。
 会員は、委員会活動を中心とした活動によって自己研鑽に努め、さらには各種提言活動を行うなど、会員相互の自由闊達な討議が行われる魅力あふれる会となっております。」

 という団体です。一言で述べるならば、愛媛を代表する企業・団体、日本を代表する企業・団体の支店が会員となっている団体です。

 このような団体で「幹事」をお引き受けさせていただくことについては、身がしまる思いです。

 地域の発展のために尽力したいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。

 

2017年6月20日 (火)

  50歳になりました💦

 本日、ついにというか、とうとう50歳になりました。

 弁護士になったのは、30歳少し過ぎてからですが、約20年間はあっという間でした。

 30歳までは時間がゆっくりすすんでいるような感じでしたが、弁護士になってからは地球の自転が年々加速しているのではないかと思うくらい、時間の経過を速く感じてしまいます。

 先日、今治城内になる吹上神社にでかけてきました。

 Kimg6726
 今治城内にはいくつかお社があります。

 みると、江戸時代からの者もあり、伊勢屋とか、尾張等の屋号が石に刻まれています。これをみると、数百年の時の経過を肌で感じることがあります。

 Kimg6714
 神社の寄付者の名簿については、江戸時代のものだけではなく、数十年前のものもあります。「久松」という文字を息子が見つけて、これって、お殿様のかな?と質問してきました。

 興味を持って名簿を見ていると、息子がこれって、「ひい👴の名前ではないの?」と言ってきました。

 Kimg6713 

 少し消えかかってはいますが、確かに、「寄井佐平」と刻まれています。

 息子に言われて初めて発見しました。

 佐平は、田舎弁護士の祖父になりますが、今治の地で寄井タオルを創業して多い時には年商10億近くの商いをしていた人です。35年位前に亡くなっております。もっとも、私の記憶にある佐平は、将棋をしているか、教会(金光教)にいっているか、相撲のテレビをみているか位の記憶しかありません。

 息子にひいおじいさんの説明をすると、息子は少し考えて、「👴とのこういう出会いもあるんだね」と言いました。

 👴もまさかあの世で曽孫の話をきいてとても喜んでいるに違いありません。

 田舎弁護士も、弁護士登録して約20年が経過しました。

 現在、お客様からご依頼いただいた案件を1つ1つ丁寧に対応させていただいております。自分の仕事が、お客様の10年後だけではなく、20年、30年、或いは、その子孫にとっても幸せになれるような結果を出せていければいいなと切に願っております。

 ご依頼人様から、「あのときは助かったな」とふと思い出していただければ幸いです。

Kimg6738
                 (今治城)

 しまなみ法律事務所は、これからも地域に愛される地域一番店として頑張っていきたいと考えております。今後とも宜しくお願い申し上げます。

本日、愛媛大学社会共創学部を訪ねました (^-^;

 本日は、午前は、松山の会社の会議に出席しました。フジグラン松山に入っているターリーズカフェで、午前は美味しいコーヒー、ランチをいただきました。

 Kimg7263

Kimg7267

 午後は、愛媛県異業種交流研究会の人材開発委員会(田舎弁護士が、名目的(笑)委員長)の企画のために、愛媛大学社会共創学部を訪ねました。

 Kimg7268
 岡本隆教授と崔英靖教授に対応していただき、愛媛という地域のために、何か大学と協力しながら、活動ができないかについて協議をしました。

 そして、午後6時前に事務所に戻ると、スタッフが誕生プレゼントを用意してくれていました。感謝です。。。

 Kimg7280

 ありがとうございました (^-^;

2017年6月19日 (月)

本日、今治署警察協議会が開催され、会長に選任されました (^-^;

 本日、今治署警察協議会が開催されました。

 これまで、田舎弁護士は、副会長に就任していましたが、本日、八塚会長の跡を受けて、会長に選任されました。

 任期は2年ですが、精一杯頑張っていきたいと思います。

 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 Kimg7252
               (愛媛県今治警察署)

【金融・企業法務】 銀行員のためのトラブル相談ハンドブック

 新日本法規から出ている「銀行員のためのトラブル相談ハンドブック 」を読みました。

 Kimg6677
                 (高松城)

第1章 預金業務をめぐるトラブル

  1 遠隔地の顧客から口座開設依頼を受けた

第2章 金融商品販売をめぐるトラブル

 14 定期預金を作りにいったのに保険に加入させられたとして苦情を申立てられた

第3章 為替業務をめぐるトラブル

 20 振込遅延により損害賠償を請求された

 21 入学金及び公共料金の払込受付時に依頼人が本人確認書類を持っていなかった

第4章 高齢者取引をめぐるトラブル

 24 高齢者から払戻請求書への代筆を依頼された

 30 成年被後見人本人から預金残高の照会を受けた

 31 リバースモーゲージを利用した高齢者の借入れに関し推定相続人から苦情を受けた

第5章 相続をめぐるトラブル

 38 遺言執行者が選任されているにもかかわらず相続人から預金の払戻しを求められた

第6章 与信業務等をめぐるトラブル

 45 融資の実行を中止した責任を問われた

 46 これまでの金銭消費貸借契約書に印紙がないものが見つかった

 49 経営者保証ガイドラインを根拠に保証解除を求められた

 65 与信先からの債権回収に備えて預金を緊急拘束する必要がある

第7章 金融検査をめぐるトラブル

第8章 職場内外の人事労務をめぐるトラブル

 78 社内不倫の事実があるとの内部通報があった

第9章 その他

 Kimg6688

2017年6月18日 (日)

引き続き、えひめ結婚支援センターの法律顧問に委嘱されました。

 愛媛県の事業の1つに、婚活の支援がありますが、愛媛県法人会連合会が委託を受けて、えひめ結婚支援センター を運営しております。

 数年前から、田舎弁護士の事務所が、えひめ結婚支援センターの法律顧問に委嘱されており、契約書等の書類の点検の他、法律相談、個人情報のセミナー等を実施しております。

 平成29年度も引き続き法律顧問の委嘱を受けましたので、ご報告いたします。

               愛媛の婚活 やるケン!

2017年6月17日 (土)

【労働・労災】 ハラスメントの事故対応の手引き

 日本加除出版から、昨年11月に、ハラスメントの事件対応の手引き が出版されました。

 5章と書式等から構成されています。

 第1章 ハラスメントの定義・類型

 第2章 ハラスメントの法律相談の対応

 第3章 ハラスメントに対しとり得る手段・措置

 第4章 ハラスメントに対して事業主がとるべき具体的対策

 第5章 マスコミ対応策と活用策

 最後に、文例、裁判例集、資料 です。

 Kimg6619

 第2章 ハラスメントの法律相談対応については、類型化されており、利用しやすいと思いました。

 第1 職場におけるハラスメントの具体的相談事例と法的責任

 そのなかに、1セクシャルハラスメント 2パワーハラスメント 3マタニティハラスメント 4いじめ・嫌がらせがおさめられています。

 第2 アカデミックハラスメントの具体的相談事例と法的責任

 第3 アルコールハラスメントの具体的相談事例と法的責任

 いずれも読む価値はあります。

 Kimg6618

                  (高松駅)

2017年6月16日 (金)

【消費者法】 信用情報機関に対する虚偽情報の提供

 消費者法ニュースNo111で紹介された岡山簡裁平成29年3月1日判決です。

 貸金業者が過払い状態になっているにもかかわらず、利息制限法所定の制限を超過する約定利率により算出した残高を信用情報機関に提供したことを、不法行為であるとして、損害賠償請求した事件において、5万円の慰謝料請求が認容された裁判例

 負債がないにもかかわらず、負債があると登録させたことから、不法行為を認めたものです。

 ただ、最高裁は、過払い金の請求が架空請求になるかどうかについては否定して不法行為を認めていませんよね。

 とすれば、最高裁判決からすれば、不法行為といえるかどうかは微妙なところじゃないかなとも思いますが、サラ金会社に警鐘を鳴らす意味での判決なんだろうねと考えております。

 なお、ここ数年の消費者法ニュースですが、分厚くなりすぎて、読み込めないのが残念です。。。

 Kimg6265
                 (徳島城)

2017年6月15日 (木)

【法律その他】 平成27年度研修版 現代法律実務の諸問題

 第一法規から、平成28年7月に、平成27年度研修版現代法律事務の諸問題 が発行されました。

 ● 交通事故の全体的理解と手続の仕組み、証拠の収集方法

 ● 交通事故損害賠償の実務

 ● SNSや掲示板等のWEBサービス上の権利侵害にどのように対応するか

 ● 商標法に関する実務上の留意点

 ● 破産事件における会計帳簿の注意点と税務上の問題について

 ● セクハラ・パワハラ問題に関する実務

 などが参考になるかなあと思いました。

 Kimg6264
               (徳島地方裁判所)

  この書籍は、ブロックごとの弁護士会の夏季研修をまとめたもので、実務的には利用しやすいのですが、いかんせん、字が小さいので老眼な田舎弁護士には少しきついです。。。

2017年6月14日 (水)

【金融・企業法務】 弁護士と税理士の相互質疑応答集 

 清文社から、平成29年1月に、「弁護士と税理士の相互質疑応答集」が発行されました。

 法務については、税理士からの質問に弁護士が回答する体裁に、

 税務については、弁護士からの質問に税理士が回答する体裁に、

 なっております。

 まだざつとしかみていませんが、積読ではもったいない本なので、出張の行き帰りに読みます!

 Kimg6035
                (徳島ラーメン)

今治市行政改革推進審議会委員(副会長)に委嘱されました

 今治市の行政改革推進審議会委員(副会長予定)に委嘱されました。

 任期は、平成31年3月31日までです。

 第1回審議会は、6月29日午後2時20分から開催される予定です。

 

2017年6月13日 (火)

【消費者法】 Q&A 詐欺・悪徳商法 相談対応ハンドブック

 ぎょうせいから、平成29年1月に、Q&A詐欺・悪徳商法相談対応ハンドブック が発行されました。

 消費生活相談の事案ですが、相談はあるのですが、最近は、自県として受任することが減りましたね。。。

 駆け出しのころは、二十歳になったばかりの学生さんや社会人に、英会話の教材、宝石アクセサリー等を、クレジットを利用した形での悪徳商法が、結構あって、複数件同時に受任していたことを思い出しました。

 消費生活相談って、消費者を守るための法律が難解なので結構相談対応をするのは、それなりの知識がなければできないんですよね。

 Kimg6480
                (飛雲閣から)

 今治市の法律相談で、消費生活相談の担当になっているので、勉強しておかなくちゃ💦

 

愛媛経済同友会平成29年6月幹事会に出席しました。

 今日は、愛媛経済同友会 平成29年6月幹事会に「幹事」として初めて参加しました(松山伊予鉄会館)。

 午前中は事務所で相談や事件処理対応して、午後3時30分から開催された愛媛経済同友会平成29年6月幹事会に参加しました。

 もっとも、経済同友会の幹事会が開催される前と開催後は、日頃お世話になっている松山の顧問先企業や団体を廻らせていただきました。

 本当に今日は暑かったですね💦

 

2017年6月12日 (月)

【建築・不動産】 ここが知りたい建築紛争

 日本加除出版から、昨年11月に出版された、「ここが知りたい建築紛争」 です。

 田舎弁護士は、今治市の建築審査会の副会長をしたり、日弁連の住宅紛争処理検討委員会の委員をしたり、弁護士会の住宅紛争審査会の副委員長をしたり、指定確認検査機関の法律顧問等をしたりしていることから、建築が専門と思われておりますcoldsweats01

 そのため、事務所にも、数多くの建築関係の書籍が積んでおります。

 とはいえ、弁護士はしょせん建築には素人ですので、ご依頼人様と建築士の先生との共同での作業が必要になります。

 発注者だけではなく、建築業者側の案件も、喜んで受けております。

 Kimg6283
                  (徳島城)

2017年6月11日 (日)

【金融・企業法務】 中小企業法務のすべて

 商事法務から、平成29年3月、中小企業法務のすべて  という、すごいタイトルの書籍が発行されました。

 編者は、日弁連中小企業法律支援センターです。

 ① 創業支援

 ② 日常的な中小企業法務

 ③ 事業拡大時の問題

 ④ 海外展開支援

 ⑤ 事業承継

 ⑥ 事業再生

 ⑦ 廃業支援・第二創業支援

 Kimg6290
                (徳島城)

  積読ではなく、きっちり読みたいと思います (^^♪

2017年6月10日 (土)

【金融・企業法務】 会計不正平時における監査役の対応

 弁護士会館ブックセンター出版部から平成27年4月に発行された、会計不正 平時における監査役の対応  です。

 11章から構成されています。

 ① 会計不正に対する監査役監査は今のままで十分か

 ② 平時における会計不正への対応

 ③ 売上高の前倒し計上

 ④ 仕入れ高の未計上

 ⑤ 棚卸資産の原価付替

 ⑥ 売上高の架空計上

 ⑦ 仕入れリベートの架空計上

 ⑧ 棚卸資産の架空計上

 ⑨ 売上高の循環取引

 ⑩ 資産の不正流用

 ⑪ ゼロから始める仮説検証アプローチ

 Kimg6104
                 (徳島市街)

 会計士の視点と弁護士の視点とで、検討されているのが面白いと思いました。

2017年6月 9日 (金)

【金融・企業法務】 監査役のための会計知識と決算書の読み方分析の仕方

 同文館出版から、平成25年に発行された、第2版 監査役のための会計知識と決算書の読み方分析の仕方 です。

 執筆は、山添清昭公認会計士です。

 7章で構成されています。

 ① 財務会計の基本的考え方

 ② 会計と税務の知識、決算における個別論点

 ③ 新会計基準における会計処理のチェックポイント

 ④ 決算書の見方・分析の仕方

 ⑤ 株主総会招集通知の記載項目と点検の仕方

 ⑥ 法人税申告書の見方と点検の仕方

 ⑦ 有価証券報告書の見方、点検の仕方

 Kimg6566
                (栗林公園)

 山添先生は、四国生産本部の企業会計研究会の講師でもあります。宜しくお願い申し上げます。

2017年6月 8日 (木)

【金融・企業法務】 銀行員のためのトラブル相談ハンドブック 

 新日本法規から、平成29年2月に発行された、「銀行員のためのトラブル相談ハンドブック」 です。

 監修は、日本組織内弁護士協会です。

 9章で構成されています。

 Kimg6556
                (栗林公園)

 ① 預金業務をめぐるトラブル

 ② 金融商品販売をめぐるトラブル

 ③ 為替業務をめぐるトラブル

 ④ 高齢者取引をめぐるトラブル

 ⑤ 相続をめぐるトラブル

 ⑥ 与信業務等をめぐるトラブル

 ⑦ 金融検査をめぐるトラブル

 ⑧ 職場内外の人事労務をめぐるトラブル

 ⑨ その他のトラブル

  これは積読ではいけないので、出張の際に読みます!

 

2017年6月 7日 (水)

【流通】 スーパーマーケット店長 法律ハンドブック 2017年版

 商業界から、平成29年1月に、スーパーマーケット店長法律ハンドブック2017年版 が発行されました。

 田舎弁護士は、顧問会社等が流通業の会社もあることから、日頃から流通業については、少し勉強を重ねております。

 いつか「流通弁護士の訟廷日誌」でも執筆したいものです。

 7章から構成されており、①衛生と安全の法律、②商品と表示の法律、③雇用と労働の法律、④雇用拡大に関する法律、⑤施設と環境の法律、⑥取引と会計の法律、⑦消費税増税に関する法律です。

 Kimg6144
 この書籍については、積読せずに、出張の行き帰り等で読んでおきたいと思います。

 

2017年6月 6日 (火)

【金融・企業法務】 ベンチャー企業の法務 中央経済社

 中央経済社から、昨年12月に発行された、「ベンチャー企業の法務AtoZ」 です。

 9章から構成されています。

 ① ベンチャー法務戦略

 ② 会社設立時から気をつけるポイント

 ③ 起業家が知っておきたい会社法の基本

 ④ ビジネス上必要な文書の作成

 ⑤ 資金調達、ファイナンスにあたっての注意点

 ⑥ M&Aにおけつ重要事項

 ⑦ 労務管理の留意点

 ⑧ 知的財産権の管理

 ⑨ IPOに耐えうるコーポレートガバナンス

Kimg6158
                (徳島・眉山)

 

2017年6月 5日 (月)

【IT関連】 ネット権利侵害対応の実務 

 新日本法規から、平成29年1月に発行された、「ネット権利侵害対応の実務」 という書籍です。

 執筆者は若手の弁護士さんの手によります。

 第1章 総論は、

① インターネット上の被害への対応方法

② 削除請求の根拠

③ 削除請求

④ 発信者情報開示請求

⑤ ウェブサイトの調査

⑥ 海外法人の取扱い

 第2章は、ケーススタディです

 ネットに書き込みされた!という相談も増えているので、勉強しておく必要があります。

 Kimg6318
                  (徳島城)

2017年6月 4日 (日)

【労働・労災】 労災事件救済の手引 青林書院

 青林書院から、平成29年2月に、「労災事件救済の手引」が発行されました。

 著者を見ると、ずいぶん昔の事件の相手方の代理人弁護士さんでした。

 内容的には、5章にわかれます。

 ① 労災保険制度と保険給付

 ② 労災請求と認定

 ③ 労災と使用者責任・損害賠償請求

 ④ 他制度との関係・調整

 ⑤ その他

 そして、巻末資料です。

 Kimg6279

                 (徳島城)

2017年6月 3日 (土)

【法律その他】 執行手続による債権回収

 民事法研究会から平成29年1月に発行された「執行手続による債権回収」です。

 3部構成です。

 強制執行、担保権の実行、強制競売です。

 Kimg6355
                 (徳島城)

 余り特徴のない内容でした。。。

2017年6月 2日 (金)

【IT関連】 情報・インターネット法の知識と実務

 弁護士専門研修講座という書籍は非常にありがたい本の1つです。

 やはり、第1線の実務家による講演録は実務にも使いやすいです。

 昨年12月に、情報・インターネット法の知識と実務 という書籍が発行されていました。

 Kimg6102

               (徳島の自動販売機)

 5つのテーマでの講演が収録されています。

① ネット炎上・ネット上の情報削除の法的手段

② 企業における情報管理、SNSに関する規制等

③ 個人情報保護(法改正、マイナンバー)

④ 電子商取引に関する諸問題

⑤ ビックデータ・ネットと知的財産

 

2017年6月 1日 (木)

【知的財産権】 逐条解説 不正競争防止法

 商事法務から昨年12月に、逐条解説不正競争防止法 が発行されていました。

 不正競争防止法は平成5年に全面改正されましたが、司法試験にもまれに出題されることがあり、一通りは目を通しておかなければならない法律の1つでした。

 今の若い人たちには信じられませんが、スタンダートは、会社法1題と、手形小切手1題、まれに商行為が出るという感じでしたかね 👴

 それはさておき、不正競争防止法は、平成6年ころに、私の親族の会社が、不正競争防止法で或る会社から、警告書を送られてきたことがあり、それが、なんと択一試験の1ケ月位前で、親族から知恵を貸してほしいと言われたために、いろいろアドバイスしていたら、択一試験には落ちてしまうという羽目になったことを思い出します。

 そんなわけで、田舎弁護士にとっては、不正競争防止法は、鬼門なんです( ´艸`)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ