励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【金融・企業法務】 金融機関における社内弁護士活躍のために | トップページ | 【金融・企業法務】 共同相続された定期預金債権および定期積金債権は、いずれも相続開始と同時に当然に相続分に応じて分配されることはない 最高裁平成29年4月6日判決 »

2017年5月14日 (日)

【金融・企業法務】 実務にとどく 個人情報保護法対応

 今回の金融法務事情No2064号では、実務にとどく 個人情報保護法対応という特集記事が紹介されていました。

 3つに構成されています。

 1つめが、個人情報保護法改正により金融機関に求められる実務対応

 2つめが、個人情報保護法改正Q&A

 そして、3つめが、金融機関における個人情報等漏洩時の実務対応です。

 個人情報保護委員会による「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」が新たに制定され、通則GL、外国GL、確認記録GL、匿名加工GLが公表されています。

 金融機関の場合にはそれに加えて、金融分野における個人情報保護に関するガイドライン、金融分野における個人情報保護に関する安全管理措置等についての実務指針が改正され公表されています。

 また、委員会Q&Aも公表されております。

 とても分厚くて1日ではとうてい読めるような量ではありませんでした。。。

 Kimg6130

               (眉山の登山道)

 勉強には険しい道のりがまだまだありそうです。
 

« 【金融・企業法務】 金融機関における社内弁護士活躍のために | トップページ | 【金融・企業法務】 共同相続された定期預金債権および定期積金債権は、いずれも相続開始と同時に当然に相続分に応じて分配されることはない 最高裁平成29年4月6日判決 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ