励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【行政】 農地法5条1項の許可を受けた者の造成工事により、隣接農地の所有者が排水障害を被った場合において、右許可処分は違法であるとして国家賠償請求が認められた事例 広島高裁岡山支部平成28年6月30日判決 | トップページ | 【法律その他】 テレビ愛媛の番組「ますあつ」で、「高齢者の交通事故」で取材を受けました(^^♪ »

2017年4月16日 (日)

【金融・企業法務】 事業資産を含む相続コンサルティング

 銀行法務21No813号で「相続コンサルティングの最新手法」第5回「事業資産を含む相続コンサルティング」というテーマの論文が紹介されていました。

 異業種関連の会等に出席すると、事業承継についての相談を持ち掛けてきたりする方がいます。

 長男に事業承継をする場合に、株式の早期移転の検討を行いますが、株価上昇している自社株の早期の贈与について、例えば、可能性は低いですが、相続は年齢順に発生するとは限らないこともあることから、熟慮が必要です。

 また、株式を譲渡したとたん、長男がいうことをきかなくなるということもあります。

 なかなか難しい問題です。

 また、暦年贈与がとくなのか、それとも、相続時精算課税がとくなのか、一概にはいえません。

 事業承継は、法務だけではなく、税務にも留意しながら、進めないといけないので、大変です。

 Kimg5516
                  (八王子城)

« 【行政】 農地法5条1項の許可を受けた者の造成工事により、隣接農地の所有者が排水障害を被った場合において、右許可処分は違法であるとして国家賠償請求が認められた事例 広島高裁岡山支部平成28年6月30日判決 | トップページ | 【法律その他】 テレビ愛媛の番組「ますあつ」で、「高齢者の交通事故」で取材を受けました(^^♪ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ