励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【金融・企業法務】 改正個人情報保護法の概要 | トップページ | 【行政】 地方公共団体の長が、右地方公共団体が発行済株式の全部を保有する株式会社の代表取締役の地位にあった者に対し会社法847条に基づく責任追及等の訴えを提起しないことが、違法に財産の管理を怠る事実に該当しないとされた例 東京地裁平成27年7月23日判決 »

2017年2月24日 (金)

「最近の若い者」 ('ω')  by おじさん

 「最近の若い者」 というようになったら、おじさんの始まりとかよく言われますが、まあ、この言葉は、おそらく人類始まってから、おじさんの繰り言として使われてきたのでしょう。

 田舎弁護士の事務所も20歳代の事務スタッフが複数いますが、どの方も社会人経験があるため、おじさん目線からしても、相応の社会常識は備えていると思われますが、それでも、世代間のギャップを感じることがあります。

 田舎弁護士も、中学生、高校生の子どもがいますが、子どもたちについても、「最近の子は」と思う時があります。

 弁護士スタッフについては、勤務弁護士第1号は、社会人としてのキャリアが長かった方だったので、「最近の若い者」と思うことは全くありませんでした。

 その後の勤務弁護士の方は、社会人経験を経ずに弁護士になっていましたが、親御さんの教育が立派なために温和な紳士的な方でしたが、それでも、世代間での考え方の違いを感じることがあります。

 田舎弁護士の事務所にも過去多くの就職希望者が訪ねてきたことがありますが、ここ数年前からは、「最近の若い者」と思ってしまうことが時折あります。

 就職訪問などにきた若い人に、「最近のおじさん」が、「最近の若い者」と思ってしまうのは、

 訪問して名刺を出さない者

 面談中にことわりなくスマホをいじる者

 おじさんの話に興味がないのかいかにもたいくつそうなそぶりをする者

 ごちそうになって翌日お礼の連絡がない者

 教えてもらうのが当然と思っている者

 そういえば、以前、事務所訪問にこられた「最近の若い者」の態度にあきれて、同じような内容のブログを書いたら、即、礼状を送ってきてくれた方がいたことを思い出しました。気付く方だとまだ救いがあると思いますね。

 成績の優秀さと社会常識の有無については比例しないように思います。

 反対に、これらができる若者は、おじさんにかわいがられます。大学でも上下関係の厳しい部に入っていると、このあたりの感覚を「最近の若者」でも持っている方がいますね。すごく得だと思いますね。

 本日のブログは、「おじさん」の愚痴でした。

 Kimg4618
            (那覇)おじさんにはないもの 

 

« 【金融・企業法務】 改正個人情報保護法の概要 | トップページ | 【行政】 地方公共団体の長が、右地方公共団体が発行済株式の全部を保有する株式会社の代表取締役の地位にあった者に対し会社法847条に基づく責任追及等の訴えを提起しないことが、違法に財産の管理を怠る事実に該当しないとされた例 東京地裁平成27年7月23日判決 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ