励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【金融・企業法務】 横領損失について | トップページ | 【消費者法】 消滅時効が完成した後に債務の一部弁済をした債務者の消滅時効の援用が認められた事例 浜松簡裁平成28年6月6日判決 »

2016年12月18日 (日)

【法律その他】 ワンセグ訴訟第一審判決 さいたま地裁平成28年8月26日判決

 判例時報No2309号で紹介されたさいたま地裁平成29年8月26日判決です。

 通常のテレビジョン受信機を設置せず、いわゆるワンセグ機能付き携帯電話のみを所有する者は、放送法64条1項本文の「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者」に該当しないとして、同項に基づく放送受信契約締結義務が存在しないことを確認しました。

 ワンセグ機能付きの携帯電話を利用されている方って少なくないと思うのですが、なぜ、この人はこんな裁判をするに至ったのかな?

 Kimg4198
               (JRホテルクレメント高松)

« 【金融・企業法務】 横領損失について | トップページ | 【消費者法】 消滅時効が完成した後に債務の一部弁済をした債務者の消滅時効の援用が認められた事例 浜松簡裁平成28年6月6日判決 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ