励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【法律その他】 身体障害者認定基準及び認定要領 | トップページ | マンション建替等専門家相談講習会 »

2016年12月13日 (火)

弁護士に対する魅力 ( ;∀;)

 母校の司法試験受験団体の総会出席のために、上京しました。

 Kimg4153 

 新宿のホテルで総会がありましたが、OBの参加は7,8名程度といったところです。私が学生のころは20名位参加されていたように記憶しております。
 

 司法試験合格者は4名、また、ロースクール合格者も東大、慶應、中央の上位校に合格されていました。

 司法試験合格者のうち、1名は、司法研修所に入らずに、国家一種に合格していることからそちらの方に進まれるとか。女性の方も、法律事務所の将来に不安を抱えておられるためか、司法修習後は民間企業に就職されることも検討されているようです。

 田舎弁護士が合格したころは、民間企業や役所に勤務されている方が一念発起して司法試験合格して弁護士になっていたのですが、現在は、司法研修所も、法律事務所も、選択肢の1つに過ぎないということになっているようです。

 また、予備試験に合格して四大法律事務所の1つに入られた新進気鋭の弁護士さんも参加されていましたが、四大は同期入所の数も数が多いのでその中での競争も厳しそうです。

 Kimg4170 

 地方から訪ねると、田舎は都会よりはまだ競争が厳しくないために、都会の事情をきくにつれて、こりゃ大変な時代になったもんじゃわいと思います。

 とはいえ、地方でも、受任件数を増やすために、多くの相談をこなす必要もありますし、そのための営業努力も確実に必要になっております。また、ネット環境が整備されたことから、早朝、深夜、日曜祝日を問わず、クライアントや顧問先様から問い合わせのメールを受領し、そのため、本来休める時間帯に休めることが乏しくなっております。

 仕事はきつくて、しかも、経済的にはみあわない ということになりますと、弁護士に対する魅力は低下するばかりです。

 そういえば、田舎弁護士のころは、中央大学法学部は、マーチの一角から抜き出ており、早慶上智と並んで評価されたものですが、現在では、マーチの最上位でもなくなったような寂しい話をききました。

 司法界に魅力がなければ、優秀な人物が弁護士になろうせず、その結果、弁護士に対する魅力もどんどん低下していきます。

 やはり思い切って、ロースクール制度を廃止して、旧司法試験制度に戻すべきではないかと思います。  

« 【法律その他】 身体障害者認定基準及び認定要領 | トップページ | マンション建替等専門家相談講習会 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ