励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 平成28年度紛争処理委員実務研修 | トップページ | 【金融・企業法務】 横領損失について »

2016年12月16日 (金)

【金融・企業法務】 コーポレートガバナンスと固定資産の減損検討

 月刊監査役で紹介された連載「コーポレートガバナンスと会計上の見積りの監査」ですが、12月号は「コーポレートガバナンスと固定資産の減損検討」についての説明がされていました。

 Kimg4199 固定資産の減損会計とは、設備投資等の投資した資金(投資簿価)が将来的に生み出される現金(キャッシュフロー)でもって回収できないと見込まれる金額を損失として計上する会計技術です。

 減損会計は、特定の取引結果を事後的に会計に反映させる会計技術ではなく、将来的にどれだけの現金を生み出すのかを見積もらなければならないものであり、ここに、「将来への対応」というコーポレートガバナンスと会計上の見積りの監査との関係性が見いだされることになります。

 減損会計は、単なる会計技術論ではなく、投資回収できるか否かを判定するビジネス上の検討・判断が要求されるものであり、固定資産の減損検討は、投資回収の議論そのものとなります。

 つまり、固定資産の減損会計は、経営者による投資の成功・失敗を示すものであり、経営者としての責任を負わなければなりかねないことにも発展する可能性があります。

 監査役としても、留意していく必要があります。


« 平成28年度紛争処理委員実務研修 | トップページ | 【金融・企業法務】 横領損失について »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ