励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 田舎弁護士が世界に向けて発信されました。     (*^。^*) | トップページ | 【倒産】 破産手続開始前に成立した第三者のためにする生命保険に基づき破産者である死亡保険金受取人が有する死亡保険金請求権と破産財団への帰属 »

2016年11月 4日 (金)

【金融・企業法務】 銀行の預金取引約款の暴力団排除条項の有効性及び預金契約締結後に取引約款に追加した暴力団排除条項に基づく預金契約の解除の有効性 

 金融法務事情No2052号で紹介された福岡高裁平成28年10月4日判決です。

 判決要旨は以下のとおりです。

 ① 銀行が預金取引約款に定めた暴力団排除条項は、憲法14条1項、22条1項の趣旨に反せず、公序良俗にも反せず、有効である。

 ② 銀行が既存の預金契約に暴力団排除条項を追加することは、合理的な取引約款の変更に当たる場合には、既存顧客との個別の合意がなくとも、既存の契約に変更の効力を及ぼすことができる。

 本判決は、先例の乏しい中で暴力団排除条項の有効性や遡及適用の可否について判断した高裁判決として、実務上参考となると評されています。

 Kimg3687

« 田舎弁護士が世界に向けて発信されました。     (*^。^*) | トップページ | 【倒産】 破産手続開始前に成立した第三者のためにする生命保険に基づき破産者である死亡保険金受取人が有する死亡保険金請求権と破産財団への帰属 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ