励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 裁判実務からみた民法改正 by加藤新太郎 | トップページ | 明治大学法科大学院 債権法改正動向講座 by永石一郎弁護士 »

2016年11月26日 (土)

明治大学法科大学院 債権法改正動向講座 by永石一郎弁護士

 明治大学法科大学院の債権法改正動向講座で「実務からみた詐害行為取消権」で講師の先生は、弁護士の永石一郎先生です。

 詐害行為取消権は、これまでとかなり様子が変わりました。

 改正の目的と特色については、以下のとおりの説明がありました。

 まずは、2004年改正後の破産法の否認権における規律との統一を図ったということです。

 第1に、詐害行為と偏頗行為とで扱いをちがえる

 第2に、相当対価を得てした財産の処分行為

 第3に、特定の債権者に対する担保の供与等

 第4に、過大な代物弁済等

 第5に、民法に支払不能要件を導入しました。

 次は、平時の詐害行為取消権が、危機時の否認権に比べ行使要件が緩やかになっている逆転現象の解消

 さらには、改正民法424条の2の新設に伴い、破産法、民事再生法、会社更生法においても同内容の規定が創設されました。

Kimg3904

« 裁判実務からみた民法改正 by加藤新太郎 | トップページ | 明治大学法科大学院 債権法改正動向講座 by永石一郎弁護士 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ