励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【法律その他】 弁護士である弁護人が被告人の委託を受けて保管している同人の犯行状況とされるものを撮影録画したデジタルビデオカセットについて、刑訴法105条の「他人の秘密に関するもの」に当たらないとされた事例 | トップページ | 日弁連が提案している依頼者保護給付金制度には反対します。 »

2016年10月28日 (金)

【労働・労災】 造船会社で稼働していた者の肺がんによる死亡について業務起因性が認められた事例 大阪高裁平成28年1月28日判決

 判例時報No2304号で紹介された大阪高裁平成28年1月28日判決です。

 第1審は、石綿ばく露による肺がんの業務起因性に関する平成18年度の厚労省通達による基準に基づき、Bについては、石綿ばく露作業に従事した期間が10年以上あることは認められるものの、胸膜プラークなどの医学的所見は認められず、胸膜プラークが存在する高度の蓋然性を基礎づける事情があるなど基準を満たす場合に準じる評価をすることもできないと判断して、業務起因性を否定し、Xの請求を棄却しました。

 第2審は、Bは、石綿ばく露作業従事期間10年という認定基準の要件を満たしていることに加え、Aの肺内に胸膜プラークの存在が認められるとの意見を述べる医師が複数おり、これらの医師が指摘する複数の部位に胸膜プラークが存在する相当程度の可能性があることを否定できないこと等に併せ考慮すると、Bについては認定基準を満たす場合に準ずる評価をすることができると判断し、業務起因性を否定した本件処分は違法であるとして、第1審判決を取り消しました。

 Kimg3755

« 【法律その他】 弁護士である弁護人が被告人の委託を受けて保管している同人の犯行状況とされるものを撮影録画したデジタルビデオカセットについて、刑訴法105条の「他人の秘密に関するもの」に当たらないとされた事例 | トップページ | 日弁連が提案している依頼者保護給付金制度には反対します。 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ