励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【倒産】 破産者に代わり国に対する租税債権を代位弁済した場合、当該租税債権について弁済による代位が生じるか 東京地裁平成27年11月26日判決 | トップページ | 【労働・労災】 NHKと集金業務等に従事する者との間の委託契約は、労働契約とは認められないとされた事例 大阪高裁平成27年9月11日決定 »

2016年9月 1日 (木)

【労働・労災】 最高裁平成26年3月24日判決

 判例時報No2297号で紹介された最高裁平成26年3月24日判決です。

 過重な業務によって労働者に鬱病が発症し増悪した場合において、使用者の安全配慮義務違反等に基づく損害賠償の額を定めるに当たり、

 当該労働者が自らの精神的健康に関する一定の情報を使用者に申告しなかったことをもって、過失相殺することができないとされた事例です。

 メンタルヘルスに関する情報を申告しなかったことによる過失相殺が否定されたわけですが、事例的な判断ではあるものの、影響は大きいように思います。

 Kimg2816

                (能登・千枚田)

« 【倒産】 破産者に代わり国に対する租税債権を代位弁済した場合、当該租税債権について弁済による代位が生じるか 東京地裁平成27年11月26日判決 | トップページ | 【労働・労災】 NHKと集金業務等に従事する者との間の委託契約は、労働契約とは認められないとされた事例 大阪高裁平成27年9月11日決定 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ