励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【建築・不動産】 土地の売買契約において、売買契約書に記載された地番ではなく、現地での指示等に基づき売買の対象を特定したと解すべき特段の事情が存在するとされた事例 | トップページ | 愛媛県異業種交流研究会第2回全体会議に参加しました。(^^♪ »

2016年9月 6日 (火)

今年の司法試験の合格発表が本日ありました。

 最近、司法試験情報が疎くなっているのですが、本日、今年度の司法試験の合格発表があったそうです。

 まずは、合格した方々には、おめでとうと祝辞を述べたいと思います。

 「最終合格者数は1,583人で、平成27年の1,850人と比べて267人減少。受験者数6,899人に対する合格率は23%であった。」ということで、最終合格者数は1500人台となったようです。

 ただ、地方の弁護士の感覚としても、1500人台の合格者数はまだまだ多いように思います。1000人台まで合格者を減少させないと、就職難は解消しえず、弁護士という職業自体の人気を回復させることは困難ではないかと思っております。

 また、中央大学は、合格者数としては、5位、合格率としても、8位と、OBとしては、不満が残る順位となっております。

 近々、田舎弁護士の事務所としては、中央大学法科大学院の事務所説明会に参加する予定です。

 合格者数として、5位というと、長らく3位を保っていた中央大学が丙案導入したことによって、5位に転落した平成8年を想起します。平成8年は私が司法試験に合格した年でもあります。

 中央大学には、悪くてもせめて合格者数は3位までにとどまってもらいたかったと思います。

 予備試験の合格者は随分と増えたものです。

 Kimg2278
◆司法試験合格者数トップ10
1位「予備試験合格者」235人
2位「慶應義塾大法科大学院」155人
3位「早稲田大法科大学院」152人
4位「東京大法科大学院」137人
5位「中央大法科大学院」136人
6位「京都大法科大学院」105人
7位「一橋大法科大学院」63人
8位「大阪大法科大学院」42人
9位「神戸大法科大学院」41人
10位「九州大法科大学院」36人
10位「明治大法科大学院」36人

◆司法試験合格率トップ10
1位「予備試験合格者」61.5%
2位「一橋大法科大学院」49.6%
3位「東京大法科大学院」48.1%
4位「京都大法科大学院」47.3%
5位「慶應義塾大法科大学院」44.3%
6位「早稲田大法科大学院」35.8%
7位「神戸大法科大学院」32.3%
8位「中央大法科大学院」29.4%
9位「九州大法科大学院」28.8%
10位「大阪大法科大学院」26.8%

« 【建築・不動産】 土地の売買契約において、売買契約書に記載された地番ではなく、現地での指示等に基づき売買の対象を特定したと解すべき特段の事情が存在するとされた事例 | トップページ | 愛媛県異業種交流研究会第2回全体会議に参加しました。(^^♪ »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ