励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 9月26日午後1時30分から、今治商工会議所主催の経営相談会に相談員として参加します。 | トップページ | 【金融・企業法務】 金融法学会第33回大会 »

2016年8月26日 (金)

【倒産】 三者間相殺を民事再生法上許容されないとした最高裁判決と金融実務への影響

 金融法務事情No2047号の金融法務最前線です。

 民事再生法92条は再生手続開始時において再生債務者に対して債務を負担する再生債権者による相殺を認める規程ですが、最高裁は平成28年7月8日、再生手続きとの関係でISDAマスター契約によるデリバティブ取引終了に伴う一括清算のためになされたグループ関係会社間の相殺、いわゆる三者間相殺が許容されるか争われた事例において、三者間相殺を有効とした第1審・第2審の判断を覆し、民事再生法92条1項により許容される相殺には該当しないと判断しました。

 事案のスケールとしては田舎弁護士が扱うような案件ではありませんが、事実関係が類似するような事例はないとはいえないので、紹介いたしました。

 Kimg2818                 (能登・千枚田)

« 9月26日午後1時30分から、今治商工会議所主催の経営相談会に相談員として参加します。 | トップページ | 【金融・企業法務】 金融法学会第33回大会 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ