励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【消費者法】 消費者法ニュースNO108 が届きました。 | トップページ | 【倒産】 優先的破産債権の確認を求める訴えの破産法100条1項にいう権利行使該当性 東京地裁平成27年11月12日判決 »

2016年8月23日 (火)

【金融・企業法務】 繰上返済手数料ないし違約金の支払を一定の場合には免除の対象から除外する旨の特約の成立が認められた事例 東京地裁平成28年3月29日判決

 金融法務事情No2047号で紹介された東京地裁平成28年3月29日判決です。

 金銭消費貸借契約書には、繰り上げ返済の場合には繰り上げ返済額の2%程度を手数料ないし違約金として支払う必要があるが、担保不動産の換価処分代金による繰り上げ返済の場合には違約金等は不要とする定めがおいていました。

 ところが、Y銀行において、顧客が親族や関係法人に担保不動産を譲渡して繰り上げ返済する案件の多くが、他行からの借り換えを目的としたものであることから、そのような場合には本件条項の適用を除外して違約金等の免除を行わないという取扱いをするようになり、その旨の説明や確認書の差し入れを求められるようになったという事案でした。

 裁判所は、繰り上げ返済手数料ないし違約金の支払を一定の場合には免除の対象から除外する旨の特約の成立について、顧客が銀行と10年近くの取引をしており、融資に先立ってその旨の説明を受け、これを確認した旨の確認書を差し入れていたという事案のもとでは、これを認めることができると判断しました。

 珍しそうな事案ですね。

 Kimg2447

                  (福山駅前)

« 【消費者法】 消費者法ニュースNO108 が届きました。 | トップページ | 【倒産】 優先的破産債権の確認を求める訴えの破産法100条1項にいう権利行使該当性 東京地裁平成27年11月12日判決 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ