励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【金融・企業法務】 金融法学会第33回大会 | トップページ | 中央大学楽員会愛媛県支部主催の「最近の金融経済情勢について」と題する講演に参加しました »

2016年8月28日 (日)

新人弁護士の採用のfax

 日弁連から、「第69期司法修習生につきましては,本年3,5月に行った(7月分は実施中)進路内定状況調査によると,内定率は前年の同時期と比較して若干の改善が見られるものの,現時点においても約3割の司法修習生が進路未定となっており,依然として厳しい状況にあります。昨年度は,一斉登録日時点における弁護士未登録者が468名(ただし,うち276名は1月登録者)という事態となりました。」という案内がきました。

 また、採用形態についても、「当連合会が実施している就業状況調査の結果をみると,定額給与の勤務弁護士という形態に限らず,事務所内独立採算弁護士をはじめとした多様な採用形態が増加していることが明らかとなっています。定額給与の勤務弁護士として
は採用できないが,例えば,「事務所の事件ごとに歩合を支払い,給与なし(個人事件受任可)」,「完全独立採算」,「勤務期間を限り,その後は独立する」等といった採用条件・勤務形態であれば採用できる可能性のある場合や,その他多様な採用条件・勤務形態であれば受け入れる可能性のある場合にも,その旨補足した上で御連絡ください。」と記載されています。

 弁護士のSNS等をみていると、むしろ、経費分担をしてもらうために、弁護士さんを事務所内に入れるようなこともあるようです。

 弁護士を取り巻く経済的な環境は、需要と供給のバランスが崩れていることから、年々悪化しているように思います。

 そのような中で、新人弁護士を採用するとすれば、事務所内独立採算弁護士を入れて、応分の経費を負担してもらうという見解もでてきても不思議ではありません。

 68期の司法修習生も、200名程は1月にさえ、進路未定の状態に陥っています。

 とにかく、司法試験の合格者数を大幅に減らす必要があります。

Kimg2917

« 【金融・企業法務】 金融法学会第33回大会 | トップページ | 中央大学楽員会愛媛県支部主催の「最近の金融経済情勢について」と題する講演に参加しました »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ