励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【労働・労災】 債務整理事件、過払金返還請求事件を取り扱う法律事務所に雇用された裁判所書記官の経歴を有する者の整理解雇が無効とされた事例 東京地裁平成27年9月18日判決 | トップページ | 【金融・企業法務】 銀行の預金取引約款に追加された暴力団排除条項に基づく解約の有効性 福岡地裁平成28年3月4日判決 »

2016年7月17日 (日)

【金融・企業法務】 不動産について、賃貸契約・買戻特約付売買契約が締結され、目的不動産について占有改定された場合(いわゆるリースバック方式)、かかる契約は譲渡担保契約であるとされた事例 東京地裁平成27年7月14日判決

 判例時報No2294号で紹介された東京地裁平成27年7月14日判決です。

 本件の最大の争点は、賃貸借契約、買戻特約付売買契約が同時に締結され、占有改定された場合に、かかる特約(買戻特約付売買と不動産賃貸借をセットにした融資、いわゆる「リースバック方式」)は、譲渡担保契約と解するのか、それとも、これを否定して賃貸借契約+買戻特約売買そのものと解するのか、という点です。

 この点については、

 買戻特約付売買契約の形式がとられていても、目的不動産の占有移転を伴わない契約は、特段の事情がない限り、債権担保の目的で締結されたものと推認され、その性質は譲渡担保契約と解するのが相当であるとされています(最高裁平成18年2月7日判決)。

 この最高裁判決は、買戻特約付売買だけであり、賃貸借契約が締結されていなかった事例ですが、本件では、賃貸借契約が同時に締結されている点で、最高裁判決の事案とは異なりますが、その実質は同じと評価されて、譲渡担保契約と解されたようです。

 Kimg2273

« 【労働・労災】 債務整理事件、過払金返還請求事件を取り扱う法律事務所に雇用された裁判所書記官の経歴を有する者の整理解雇が無効とされた事例 東京地裁平成27年9月18日判決 | トップページ | 【金融・企業法務】 銀行の預金取引約款に追加された暴力団排除条項に基づく解約の有効性 福岡地裁平成28年3月4日判決 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ