励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 明治大学法科大学院 債権法改正講座 第10回 組合契約その他の契約 No1 | トップページ | 明治大学法科大学院 債権法改正講座 第10回 組合契約その他の契約 No3 »

2016年7月25日 (月)

明治大学法科大学院 債権法改正講座 第10回 組合契約その他の契約 No2

 引き続き、昨日の続きです。

(7) 組合の債権者の権利の行使

 第675条

 1 組合の債権者は、組合財産についてその権利を行使することができる。

 2 組合の債権者は、その選択に従い、各組合員に対して損失分担の割合又は等しい割合でその権利を行使することができる。ただし、組合の債権者がその債権の発生の時に各組合員の損失分担の割合を知っていたときは、その割合による

 ※第1項は、組合財産の帰属に関する一般的理解を明記

   第1項は、現行規定の、債権者に組合員相互の損失分担割合を知らなかったことの証明を求めるよりも、均等割合を原則として、例外的に、その債権の発生の時に組合員の損失分担の割合を知っていたときは、その割合によってのみその権利を行使することができることとしました。

(8) 組合員の持分等

 第676条

 2 組合員は、組合財産である債権について、その持分についての権利を単独で行使することができない(新設)

 第677条 

  組合員の債権者は、組合財産についてその権利を行使することができない

(9) 組合員の加入(新設)

 第677条の2

 1 組合員は、その全員の同意によって、又は組合契約の定めるところによって、新たに組合員を加入させることができる

 2 前項の規定により組合の成立後に加入した組合員は、その加入前に生じた組合の債務については、これを弁済する責任を負わない。

Kimg2288

« 明治大学法科大学院 債権法改正講座 第10回 組合契約その他の契約 No1 | トップページ | 明治大学法科大学院 債権法改正講座 第10回 組合契約その他の契約 No3 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ