励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 明治大学法科大学院寄附講座民法債権法改正の動向 債権者代位権・詐害行為取消権 | トップページ | 明治大学法科大学院 債権法改正講座 »

2016年6月26日 (日)

【金融・企業法務】 暴力団排除条項の追加変更(遡及適用)による口座解約

 金融法務事情No2043号で紹介された論文です。

 以前にも紹介した福岡地裁平成28年3月4日判決は、メガバンク2行が指定暴力団幹部2名との預金契約締結後、預金約款に追加した暴力団排除条項に基づき預金契約を一方的に解約したところ、

 当該幹部2名が暴排条項の有効性を争い、また仮に有効だとしても、契約の内容の変更(暴排条項の遡及適用)の効力を争う等して、解約の無効を求めて訴訟を提起した事案で、預金約款の不利益変更を認め、請求を棄却しました。

 この福岡地裁判決は、これまで理論上争いがあり、また、実務上も金融機関の対応がわかれていた暴排条項の不利益変更(遡及適用)について、はじめて判断したものであり、今後の金融実務に影響を及ぼすものとして紹介されています。

 Kimg2109
 ホテルのバーで、本誌を読みながら、飲み物を楽しんでいました。(^^♪

« 明治大学法科大学院寄附講座民法債権法改正の動向 債権者代位権・詐害行為取消権 | トップページ | 明治大学法科大学院 債権法改正講座 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ