励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【労働・労災】 妊娠中の女性労働者につき、軽易な業務への転換を契機とされた降格が、雇用機会均等法9条3項に違反するとして、使用者の不法行為及び債務不履行責任が認められた事例 広島高裁平成27年11月17日 NO2 | トップページ | 【交通事故】 年金逸失利益の生活控除率について »

2016年5月 4日 (水)

【法律その他】 サービサー法違反

 Kimg1302
                (名古屋・テレビ塔) 

 判例時報No2284号で紹介された東京高裁平成27年11月5日判決です。

 法務大臣の許可を受けないで、消費者金融会社の全株式を取得する方法でその法人が保有する債権を取得してその管理回収業を営んだ行為が、

 債権管理回収業に関する特別措置法違反(無許可営業罪)に該当するとされた事例が、紹介されていました。

 本来、債権回収業は、弁護士しかできないとされていましたが、不良債権の効率的な処理のために、弁護士法の特例として、サービサーにも不良債権の管理及び処理を業として行うことが許されるようになりました。

 この裁判例は、全株式を取得するという形で債権を取得したことが、「他人から譲り受け」たと該当するとして、有罪としたものです。

 被告人は、威圧的かつ執拗な取り立てを繰り返したようです。

 当然の判断だと思います。

 Kimg1484

                 (東山植物園)

« 【労働・労災】 妊娠中の女性労働者につき、軽易な業務への転換を契機とされた降格が、雇用機会均等法9条3項に違反するとして、使用者の不法行為及び債務不履行責任が認められた事例 広島高裁平成27年11月17日 NO2 | トップページ | 【交通事故】 年金逸失利益の生活控除率について »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ