励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【建築・不動産】 元請人の下請人に対する建築瑕疵を理由とする不法行為に基づく損害賠償請求が棄却された事例 | トップページ | 【保険金】 弁護士費用特約に基づく保険金請求で甲損保が、原告が委任弁護士と合意した着手金等を保険金の対象として同意しないことが不合理とはいえないと請求を棄却した事案 長野地裁諏訪支部平成27年11月19日判決 »

2016年5月29日 (日)

【金融・企業法務】 弁護士法23条の2と不法行為

 Dscn2903

 金融法務事情No2040で紹介された鳥取地裁平成28年3月11日判決です。

 判決要旨を紹介いたします。

 ① 照会申出をしようとする弁護士が照会申出の理由として記載する内容については、懲戒処分の可能性を基礎とする真実性の担保があるといってよく、照会申出を受けた弁護士会としては、その記載内容につき、外形上・文面上不合理であることが明白であるような場合を除いて、ひとまず真実として信頼することができ、これを前提に、照会申出の必要性・相当性判断に進むことが許される

 ② 弁護士会から照会を受けた照会先は、法律上の審査権限を有する弁護士会のした、照会申出に必要性・相当性ありとする判断をひとまずは信頼することが許されるというべきであり、その照会が明白に不必要または不合理であると認めるに足りる特段の事情が認められない限り、これに対して報告する公法上の義務を負い、その義務の履行としてした報告は違法なものとはいえず、不法行為が成立することはない

 Dscn2899                (帝国ホテル)


« 【建築・不動産】 元請人の下請人に対する建築瑕疵を理由とする不法行為に基づく損害賠償請求が棄却された事例 | トップページ | 【保険金】 弁護士費用特約に基づく保険金請求で甲損保が、原告が委任弁護士と合意した着手金等を保険金の対象として同意しないことが不合理とはいえないと請求を棄却した事案 長野地裁諏訪支部平成27年11月19日判決 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ