励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【金融・企業法務】 実務で使える暴力団排除条項に関する裁判例 | トップページ | 【交通事故】 有職主婦の休業損害 »

2016年4月 4日 (月)

【IT関連】  「忘れられる権利」

 判例時報No2282号で紹介されたさいたま地裁平成27年12月22日決定です。

 インターネットの検索エンジンで住所と氏名を入力して検索すると3年余り前の女子高生に対する児童買春の罪での逮捕歴が検索結果として表示され、更生を妨げられない利益が侵害されるとして、

 検索エンジンの管理者に、検索結果の削除を求めた仮処分命令の申立てが、「忘れられる権利」に基づき認容されました。

 忘れられる権利って、浅学非才の田舎弁護士は初めて聞いた言葉です。。。

 解説によれば、忘れられる権利は、情報化社会において、「私生活を尊重される権利」(フランス民法9条)をより適切に保障する観点から、インターネット上の個人情報について検索エンジン事業者に対し検索結果からの削除を求める権利として、フランスなどで近年議論されているようです。

 どうりで、知らなかった訳だ。

 田舎弁護士が浅学非才というのも、忘れられたいものですが。。。

« 【金融・企業法務】 実務で使える暴力団排除条項に関する裁判例 | トップページ | 【交通事故】 有職主婦の休業損害 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ