励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 明日は、終日、松山です (^o^) | トップページ | 【法律その他】 改正個人情報保護法では、開示請求権が明確化されました »

2016年2月24日 (水)

【法律その他】 個人データの第三者への提供

 個人データを第三者に提供する場合には、個人情報取扱事業者は、原則として、本人の同意を得る必要があります。

 本人の同意なしに提供できる例外的な場合は、以下の4つのみです。

 ① 法令に基づく場合

 ② 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

 ③ 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

 ④ 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

 なお、オプトアウトの要件をみたす場合には、要配慮個人情報を除いた個人データを第三者に提供することは可能です。

 次に、次の3つの場合は、提供先が「第三者」に該当しないものとして取り扱われ、本人の同意やオプトアウトの手続は不要とされています。

 第1が、委託する場合です。

 第2が、事業の承継に伴う個人データの提供が行われる場合です。

 第3が、共同利用の場合です。

 以上については、個人情報保護法の基本的な知識なので知っておく必要があります。

 008

« 明日は、終日、松山です (^o^) | トップページ | 【法律その他】 改正個人情報保護法では、開示請求権が明確化されました »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ