励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 四国生産性本部主催の経営幹部のための企業法務セミナーに出席しました | トップページ | 御茶ノ水~水道橋にかけて »

2015年12月 8日 (火)

日本賠償科学会第67回研究会に出席しました。

 12月5日に日本大学法学部3号館(東京水道橋)で開催されました日本賠償科学会第67回研修会に参加しました。

 Kimg0454
 2部構成です。つまり、第1部は、「死後・死亡時画像診断の現状と今後の課題」で、第2部は、「賠償において客観所見の有無が問題となる疾患のとらえ方」です。

 Kimg0455
 第1部では、①オートプシーイメージング学会から見た死亡時画像診断の現状と今後の課題、②法医学からみた死後画像検査、③法的観点から見たAi(死亡時画像診断)の現状とこれからの課題でした。

 第2部は、①繊維筋痛症とその特徴、②外傷に伴う低髄液圧症候群、③脳外傷における高次脳機能障害、④損害賠償における客観的所見の意義でした。

 来年は、6月、福岡で開催されるとのことです。


« 四国生産性本部主催の経営幹部のための企業法務セミナーに出席しました | トップページ | 御茶ノ水~水道橋にかけて »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ