励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【法律その他】 鉄道の駅構内においてキャリーバックを曳いていた者の歩行者に対する不法行為が認められた事例  | トップページ | 【金融・企業法務】 日弁連ライブ実務研修 弁護士が理解しておくべき監査法人の監査の実務 »

2015年11月26日 (木)

【消費者法】 名義貸しにおける過払金債権の帰属者

 消費者法ニュースNo105で紹介された東京地裁平成27年6月17日判決です。

 判決要旨は以下のとおりです。

 カード使用者が、名義人から委託を受けて、名義人の名で個別の借入れ及び弁済に係る行為をしたものであると認められる。

 従って、借入れ及び弁済の法律上の効果は名義人に帰属し、制限超過利息を元本充当した結果、元本債権が消滅した後にされた弁済の効果も同様に名義人に帰属するから、貸金業者に対する不当利得債権も、名義人に帰属する。

 名義人に帰属させて、カード使用者との間では、後日清算が必要になるに過ぎないということのようです。

« 【法律その他】 鉄道の駅構内においてキャリーバックを曳いていた者の歩行者に対する不法行為が認められた事例  | トップページ | 【金融・企業法務】 日弁連ライブ実務研修 弁護士が理解しておくべき監査法人の監査の実務 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ