励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【金融・企業法務】 貸金業法4条1項2号により定義されている同法6条1項9号の「役員」に監査役は含まれるか? | トップページ | 【倒産】 民事再生法上の共益債権に当たる債権につき、これが本来共益債権である旨の付記をすることもなく再生債権として届出がされ、この届出を前提として作成された再生計画案を決議に付する旨の決定がされた場合において、当該債権を再生手続によらずに行使することの許否 »

2015年1月23日 (金)

【消費者法】 元利均等分割返済方式によって返済する旨の約定で金銭消費貸借契約が締結された場合において、借主から約定の毎月の返済額を超過する額の支払がされたときの充当関係 最高裁平成26年7月24日判決、最高裁平成26年7月29日判決

 金融法務事情No2009で紹介された2つの最高裁判決です。

 判決要旨は以下のとおりです。

 元利均等分割方式によって返済する旨の約定で金銭消費貸借契約が締結された場合において、借主から約定の毎月の返済額を超過する額の支払がされたときは、

 当該超過額を将来発生する債務に充当する旨の当事者間の合意があるなど特段の事情がない限り、

 当該超過額は、その支払時点での残債務に充当され、将来発生する債務に充当されることはない。

 サラ金側は、支払期日における支払を度々遅滞し、期限の利益を喪失していたから、その遅滞期間中は残元本全部に対する遅延損害金が発生していたと主張し、借り手側は、利息制限法所定の制限利率に引き直してもなお貸金残元本が存在している時点で、ある支払期日において借主が支払いをしなかったとしても、「従前の超過支払額を累積すると、上記支払期日に支払うべき金額を支払っていたことになるから、借主は期限の利益を喪失しない」という反論をしていました。

 いわゆるボトルキープ論を言われている主張ですが、最高裁は認めてくれませんでした。。。。 

« 【金融・企業法務】 貸金業法4条1項2号により定義されている同法6条1項9号の「役員」に監査役は含まれるか? | トップページ | 【倒産】 民事再生法上の共益債権に当たる債権につき、これが本来共益債権である旨の付記をすることもなく再生債権として届出がされ、この届出を前提として作成された再生計画案を決議に付する旨の決定がされた場合において、当該債権を再生手続によらずに行使することの許否 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ