励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【建築・不動産】 建物賃貸借(大成出版) | トップページ | 【建築・不動産】 設備配管の本 »

2014年12月 2日 (火)

【法律その他】 ペットのトラブルQ&A

 民事法研究会から、ペットのトラブルQ&A が昨年10月に出版されていました。

 ペットのご相談は、10年位前までは皆無に近かったと思いますが、ここ数年前から、少しずつ増えています。

 ご相談の内容は、例えば、他人のペットによって怪我を負わされた、隣のペットの声がうるさい、ペットの治療をお願いしたらうまくいかなくなった、ペットを購入したらすぐに死んでしまった、ペットの供養をしたい等々他種多様にわたります。

 ペット問題をよく取り扱っている弁護士はなかなか地方にはいないために、相談の都度、ペットに関する法律書を読んで研究してから相談に臨むことが多いと思います。 

 ペットのトラブルQ&A は、丁寧にわかりやすく解説されており、参考になる書籍の1つだと思います。 

 全部で、7章にわかれています。①ペットをめぐる法律、②ペットをめぐる取引のトラブル、③近隣をめぐるトラブル、④ペットの医療をめぐるトラブル、⑤ペット事故をめぐるトラブル、⑥その他のトラブル、⑦トラブルにあったときの対処法です。

 そういえば、先般、犬猫が何者かによって大量に捨てられているという事件が報道されていましたね。動物愛護法の改正により、動物取扱業者等が捨てているのでは?というような報道がされていました。販売が困難になった犬猫の終生飼養の確保、都道府県の犬猫の引取に制限がもうけられたこと、犬猫を販売する際の現物確認・対面販売の義務付け等を原因としてあげていたように思います。

 当然のことですが、ペットは命のある生き物であるため、愛情をもって飼い続けなければなりません。幼いことはかわいくても、ペットも歳をとります。飼い主として責任をもつ必要があります。

 昔、縁日で、一匹の金魚(1㎝くらい)を子どもたちが貰いました。さっそく、水槽セットを購入して、部屋で飼うことにしました。名前は「しんじ」という名前を付けました。数年後、金魚のはずなのに、フナのような魚、しかも7,8㎝くらいまで大きく育ってしましました。子どもたちが水槽に近づくと、しんじも近づいてきました。ある日のことです。しんじの息が苦しそうになり、子どもたちが心配していると、1週間くらいで、しんじは死んでしまいました。それをみた子どもたちも顔が真っ青になり、ショックを受けていました。庭にしんじを埋めて墓標を立て供養をしました。子どもたちは1時間くらいお祈りしていました。さらに数年経過した今では、子どもたちも、しんじの話がでると懐かしそうな思い出話になります。しんじも天国で笑っているのではないかと思います。

 少し、プライベートな昔話をしてしまいました。(^_^;) 

 

 

« 【建築・不動産】 建物賃貸借(大成出版) | トップページ | 【建築・不動産】 設備配管の本 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ