励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【告知】 13日から2週間程緊急入院をいたします m(_ _)m | トップページ | 【法律その他】 大飯原発運転差止訴訟第一審判決 No3 »

2014年10月 9日 (木)

【法律その他】 大飯原発運転差止訴訟第一審判決 No2

 判例時報の2228号の続きです。

 裁判所は、「本件原発には地震の際の冷やすという機能と閉じ込めるという構造において次のような欠陥がある。」と指摘しています。

 まず、「冷却機能の維持について」は、「1260ガルを超える自信について」は、「この規模の地震が起きた場合には打つべき有効な手段がほとんどないことは被告において自認している」としています。

 その上で、「大飯原発には1260ガルを超える地震は来ないとの確実な科学的根拠に基づく想定は本来的に不可能である。」と言っています。むしろ、いくつかの理由を挙げて、「1260ガルと超える地震は大飯原発に到来する危険がある。」と判断しました。

 そして、結局、「この地震大国日本において、基準地震動を超える地震が大飯原発に到来しないというのは根拠のない楽観的な見通しにしかすぎない上、基準地震動に満たない地震によっても冷却機能喪失による重大な事故が生じ得るというのであれば、そこでの危険は、万が一の危険をはるかに超える現実的で切迫した危険と評価できる。このような施設の在り方は原子力発電所が有する前記の本質的な危険性についてあまりにも楽観的といわざるを得ない。」と判断しています。

  ・・・続き・・・

 

 

« 【告知】 13日から2週間程緊急入院をいたします m(_ _)m | トップページ | 【法律その他】 大飯原発運転差止訴訟第一審判決 No3 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ