励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 平成26年度第2回今治警察署協議会に出席しました | トップページ | 【法律その他】 大飯原子力発電所差止仮処分命令申立事件 No2 »

2014年9月25日 (木)

【法律その他】 大飯原子力発電所差止仮処分命令申立事件 No1

判例タイムズNo1403号で紹介された大飯原子力発電所運転差止仮処分命令申立事件(大阪地裁平成25年4月16日決定)です。

 解説によれば、本件の争点は以下のとおりに整理されています。

 (1)仮の差止めを基礎づける具体的な危険性についての主張疎明責任の所在(争点1)、

 (2)具体的危険性の有無に関する個別の争点として、

 ア 本件発電所の地震発生時における制御棒挿入時間(原子力発電所においては、異常発生時に、制御棒を挿入することによって原子炉を緊急に停止させる機能が設けられている。)について

 (ア) 本件発電所について地震発生時における制御棒挿入時間の許容値は2.2秒と定められているか(争点2-1)、

 (イ) 本件発電所で想定される3つの活断層が連動する地震が発生した場合、本件発電所において制御棒挿入時間は2.2秒を超えるか(争点2-2)、

 (ウ) 超える場合、本件発電所につき、制御棒挿入時間に関して具体的な危険性があるといえるか(争点2-3)、

 イ 本件発電所の非常用取水路の直下にはF-6破砕帯が存在しているとされているところ、この破砕帯が活断層に当たるといえるか(争点3)、

 ウ 津波による具体的危険性があるか(争点4)

 これらの各争点について、裁判所は次のとおり判断しております。

 ・・・・・続き・・・・ 

« 平成26年度第2回今治警察署協議会に出席しました | トップページ | 【法律その他】 大飯原子力発電所差止仮処分命令申立事件 No2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ