励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【行政】 普通地方公共団体の長が補助金の支出をする旨の債務負担行為を専決処分で行った場合に、その専決処分は地方自治法179条1項の要件を欠き違法であるとして、専決処分を行った長の不法行為責任が認められた事例 東京高裁平成25年8月29日判決 | トップページ | 日本交通法学会「人身賠償補償研究会」(東京)に参加してきました。 »

2014年3月20日 (木)

【法律その他】 共有物について遺産共有持分と他の共有持分とが併存する場合における共有物分割と遺産分割の関係

 愛媛の弁護士の寄井です。

 判例時報No2206号で紹介された最高裁平成25年11月29日判決です。

 3つの要旨が紹介されています

 ①共有物について、遺産共有持分と他の共有持分とが併存する場合、

 共有者が遺産共有持分と他の共有持分との間の共有関係の解消を求める方法として裁判上採るべき手続は民法258条に基づく共有物分割訴訟であり、共有物分割の判決によって遺産共有持分を有していた者に分与された財産は遺産分割の対象となり、

 この財産の共有関係の解消については、この財産の共有関係の解消については同法907条に基づく遺産分割によるべきである。

 ②遺産共有持分と他の共有持分とが併存する共有物について、遺産共有持分を他の共有持分を有する者に取得させ、その価格を賠償させる方法による分割の判決がされた場合には、

 遺産共有持分を有していた者に支払われる賠償金は、遺産分割によりその帰属が確定されるべきものであり、賠償金の支払を受けた者は、遺産分割がされるまでの間これを保管する義務を負う。

 ③裁判所は、遺産共有持分を他の共有持分を有する者に取得させ、その価格を賠償させてその賠償金を遺産分割の対象とする方法による共有物分割の判決をする場合には、その判決において、遺産共有持分を有していた者らが各自において遺産分割がされるまで保管すべき賠償金の範囲を定めた上で、同持分を取得する者に対し、各自の保管すべき範囲に応じた額の賠償金を支払うことを命ずることができる。

 共有物分割と遺産分割が交錯する事案における分割実現の在り方が問題となっている事案です。  

 

« 【行政】 普通地方公共団体の長が補助金の支出をする旨の債務負担行為を専決処分で行った場合に、その専決処分は地方自治法179条1項の要件を欠き違法であるとして、専決処分を行った長の不法行為責任が認められた事例 東京高裁平成25年8月29日判決 | トップページ | 日本交通法学会「人身賠償補償研究会」(東京)に参加してきました。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ