励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 奄美ひまわり基金法律事務所初代所長の債務整理事件処理に関する最高裁判決についての日弁連コメント | トップページ | 【交通事故】 停止したタクシー車の追い越し 大阪地裁平成24年9月14日判決 »

2013年11月10日 (日)

【法律その他】  和解・調停条項と課税リスク (新日本法規)

 平成25年9月6日に発行された「和解・調停条項と課税リスク 」という書籍は、弁護士であれば、是非備えておく必要性の高いものの中の1つです。

 目次をみると、全部で10章にわかれています。

 ①税務のポイントと税率、②金銭請求に関するもの(損害賠償を除く)、③不動産の所有権に関するもの、④不動産の使用収益に関するもの、⑤不動産以外の資産の所有権に関するもの、⑥労働契約に関するもの、⑦債務不履行に関するもの、⑧不当利得、不法行為に関するもの、⑨相続に関するもの、⑩離婚に関するもの です。

 税務関係って、弁護士の場合あまり注意を払わないことがありますが、落とし穴になりかねない所なので、一定の知識と配慮が必要になります。

 

 

« 奄美ひまわり基金法律事務所初代所長の債務整理事件処理に関する最高裁判決についての日弁連コメント | トップページ | 【交通事故】 停止したタクシー車の追い越し 大阪地裁平成24年9月14日判決 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ