励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【保険金】 自動車の所有者がその所有の被保険自動車が盗難にあったとして保険契約に基づき保険金の支払いを請求した事件につき、保険契約者以外の第三者が駐車場から自動車を持ち去ったという盗難の外形的事実が合理的な疑いを超える程度にまで証明されたということはできないとして、請求を認容した原判決が取り消され、請求が棄却された事例 大阪高裁平成23年9月27日判決 | トップページ | 【労働・労災】 高年齢者処遇の設計と実務 (労務行政) »

2013年3月13日 (水)

【消費者法】 リース契約において、サプライヤーとユーザーとの間ではサプライヤーのユーザーに対するホームページの作成に係る役務の提供を予定していたが、ユーザーとリース会社との間では当該ホームページ作成に係るソフトウェアの提供を約定していた場合に、ユーザーは、サプライヤーからホームページの作成に係る役務の提供がないことを理由として、リース会社に対するリース料の支払いを拒絶することができるか? 大阪地裁平成24年5月16日判決

 金融法務事情No1963号(2月10日号)で紹介された大阪地裁平成24年5月16日判決です。

 時折相談を受ける事案ですね。ホームページの作成をお願いしたところ、なぜかソフトウェアのリース契約を結ばされてしまったというケースです。

 判決要旨を紹介します。

 リース契約において、サプライヤーとユーザーとの間ではサプライヤーのユーザーに対するホームページの作成に係る役務の提供を予定していたが、

 ユーザーとリース会社との間では当該ホームページの作成に係るソフトウェアの提供を約定していた場合に、ユーザーは、ユーザーとリース会社との契約がサプライヤーとユーザーとの関係とは別個のものであって、両者の齟齬が直ちに一方の不成立または無効を招来するものではない以上、サプライヤーのユーザーに対するホームページの作成に係る役務の提供がないことを理由として直ちにリース会社に対するリース料の支払いを拒絶することはできない

                 ↓しかし

 リース物件とされたソフトウェアの存在自体が疑われる状況にある

 ホームページ作成ソフトを一本入手すればパソコン用、携帯用を含め、複数のホームページを自由に作成できること

 ユーザーが小規模事業者であり、第三者のためにホームページの作成を請け負うことを予定して高額なプロ用のソフトを購入するとは考えがたいこと

 短期間に高額なソフトを買い替えあるいは同時に複数のソフトを購入すること自体異例であること

 などを総合すると、

 リース会社としては、サプライヤーが、真実は役務の提供を目的としつつ、名目上はソフトウェアを対象とするリース契約を利用しようとするものであることを若干の注意を払えば了解可能であったのに、

 適切に調査確認せず、そのために多数のリース契約が締結される結果に至っている判示の事実関係のもとにおいては、

 サプライヤーからの役務提供がないことを理由とする抗弁を、信義則上、リース会社に対しても主張できると解するのが相当であるから、少なくとも未払いの残リース料の支払を拒絶することができる。

« 【保険金】 自動車の所有者がその所有の被保険自動車が盗難にあったとして保険契約に基づき保険金の支払いを請求した事件につき、保険契約者以外の第三者が駐車場から自動車を持ち去ったという盗難の外形的事実が合理的な疑いを超える程度にまで証明されたということはできないとして、請求を認容した原判決が取り消され、請求が棄却された事例 大阪高裁平成23年9月27日判決 | トップページ | 【労働・労災】 高年齢者処遇の設計と実務 (労務行政) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ