励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【金融・企業法務】 M&Aコンサルティングの実務 (中央経済社) | トップページ | 【交通事故】 自動車保険契約の人身傷害条項に基づく保険金請求においては損害賠償金が支払われているときでも、人身傷害補償基準により保険金額を算定すべきであるとされた事例 »

2012年10月 7日 (日)

【倒産】 委託なき保証における事後求償権を自働債権とした相殺の効力に関する最高裁判決

 金融法務事情No1954号(9月25日号)で紹介された最高裁平成24年5月28日判決です。

 判決要旨は以下のとおりです。

① 保証人が主たる債務者の破産手続開始前にその委託を受けないで締結した保証契約に基づき同手続開始後に弁済した場合において、保証人が主たる債務者である破産者に対して取得する求償権は、破産債権である。

② 保証人が主たる債務者の破産手続開始前にその委託を受けないで締結した保証契約に基づき同手続開始後に弁済した場合において、保証人が取得する求償権を自働債権とし、主たる債務者である破産者が保証人に対して有する債権を受動債権とする相殺は、破産法72条1項の類推適用により許されない。

 余り考えたことのない論点ですが、「理論上、実務上大きな議論」になっていたようです。

« 【金融・企業法務】 M&Aコンサルティングの実務 (中央経済社) | トップページ | 【交通事故】 自動車保険契約の人身傷害条項に基づく保険金請求においては損害賠償金が支払われているときでも、人身傷害補償基準により保険金額を算定すべきであるとされた事例 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ