励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【保険金】 最高裁、無保険車傷害保険金には遅延損害金を控除せずに自賠責保険金を充当、支払債務の遅延損害金利率は年6%と判決した | トップページ | 弁護士と元依頼人とのトラブル »

2012年8月31日 (金)

【IT関連】 コンピューターシステムの開発において、ベンダーのユーザーに対するプロジェクトマネンジメント義務の違反が認められた事例 東京地裁平成24年3月29日判決

 金融法務事情No1952号(8月25日号)で紹介された東京地裁平成24年3月29日判決です。

 判決要旨は以下のとおりです。

 コンピューターシステムの開発において、

① ベンダーである本訴被告が、原告の銀行業務全般をつかさどる情報システムの開発を開始するにあたり、用いられるパッケージソフトウェアの機能や充実度、その適切な開発方法等についてあらかじめ十分に検証または検討したものとはいえないし、また、本件システム開発を遂行するに際し、適切な開発方法を採用したものということもできないこと

② 被告が、上記パッケージソフトウェアの改変権を有しているFIS社との間で協議をするなどしてそのカスタマイズ作業を適切に実施出来る体制を整えていたとはいえないこと

③ 被告が、上記パッケージソフトウェアの改変権を有していないことが本件システム開発において作業の阻害要因になりうること、上記パッケージソフトウェアを改変するために必要とされる役割分担、作業量・作業時間、費用等に関して被告とFIS社との間で十分な協議が整っていないことなどの事情について、被告がユーザーである原告に対してこれを説明してはいなかったこと

④ 被告が本訴原告との間で合意したサービスインの時期すらも遵守することができず、サービスインがそこから大幅に遅れる見通しとなってしまうこと

 などの判示の事情のもとでは、

 被告には、本件システム開発のベンダーとして適切にシステム開発を管理することなどを内容とするプロジェクトマネイジメント義務の違反がある。

 ものすごく分厚い判決書です・・・・・

 原告のスルガ銀行の代理人は、日比谷パークの先生方で、静岡の弁護士はおられないようです。

 訴額が115億円ですので、すごいです・・・・

« 【保険金】 最高裁、無保険車傷害保険金には遅延損害金を控除せずに自賠責保険金を充当、支払債務の遅延損害金利率は年6%と判決した | トップページ | 弁護士と元依頼人とのトラブル »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ