励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【交通事故】 示談契約の無効や解除が認められなかったケース 京都地裁平成23年5月20日判決 | トップページ | 【建築・不動産】 不動産の取得時効の完成後、所有権移転登記がされないまま、第三者が原所有者から抵当権の設定を受けて抵当権設定登記を了した場合における、再度の取得時効の完成と上記抵当権の消長 最高裁平成24年3月16日判決 »

2012年7月 5日 (木)

【流通】 クラヴィス も ついに倒産!

 クラヴィスも遂に倒産したようです。

 インターネットの記事から一部引用します。

 今年2番目の大型倒産・関西では過去最大規模の消費者金融の倒産
 (株)クラヴィスは7月5日、大阪地裁へ破産を申請し同日、同手続開始決定を受けた。破産管財人は小松陽一郎弁護士。
 負債は、債権者約46万人に対して総額3268億8798万円(内過払金返還請求権が3219億6749万円、一般破産債権が49億2049万円)。
 

 元々、この会社は過払金返還についてはまともに対応していただけなく、基本的には強制執行で対応するしか方法がありませんでしたが、手間がかかっても地道に強制執行し続ければある程度の金額までは回収することもできたこともあったことから、今回の倒産は、予期していたとしたものの、残念なことです。

 過払金債権者の保護のためにも、不透明なお金の動きがないかどうかを、管財人の先生にはきちんと調査してもらいたいと思っています。

 

« 【交通事故】 示談契約の無効や解除が認められなかったケース 京都地裁平成23年5月20日判決 | トップページ | 【建築・不動産】 不動産の取得時効の完成後、所有権移転登記がされないまま、第三者が原所有者から抵当権の設定を受けて抵当権設定登記を了した場合における、再度の取得時効の完成と上記抵当権の消長 最高裁平成24年3月16日判決 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ