励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【金融・企業法務】 全店一括順位付け方式の最高裁決定 | トップページ | 【労働・労災】 取引先の従業員の引抜等を会社が設置したコンプライアンス室に内部通報した従業員を3度にわたり配置転換した場合において、最初の配転命令が内部通報をしたことを動機とする不当なものであり、続く二度の配転命令がその延長であるとし、上司の不法行為責任、会社の使用者責任が肯定された事例 東京高裁平成23年8月31日判決 »

2011年12月15日 (木)

田舎弁護士 再び 東京地裁に現れる!

 先日、裁判で、東京地方裁判所を訪ねました。

 008

 東京地裁正面玄関から撮影しました(裏かもしれませんが)。

 010

 巨大な建物です。民事第37部の担当事案で、部屋は514号室でした。

 エレベーター手前ではたくさんの人が並んでいました。

 今回は、地下一階を訪ねてみました。

 食堂や郵便局、コンビニ、本屋さんなどがありました。

 裁判所の本屋さん、10%引きでした。

 田舎弁護士にとっては、東京地裁での裁判はほとんどないために、まさにテレビなどでしかみない建物の1つでした(最近は、東京家裁立川支部に申し立てのために東京を訪ねた等、すこしずつかかわりが増えていますが)。

 空港の保安室のようなボディーチェックを、弁護士等法曹以外は受けることになります。

 また、期日も、ファイルのようなもので確認する必要があります。

 さらに、出頭した場合には、台の上に置かれている書面にサインをする必要があります。

 田舎弁護士にとっては、刺激的な東京地裁訪問でした・・・

« 【金融・企業法務】 全店一括順位付け方式の最高裁決定 | トップページ | 【労働・労災】 取引先の従業員の引抜等を会社が設置したコンプライアンス室に内部通報した従業員を3度にわたり配置転換した場合において、最初の配転命令が内部通報をしたことを動機とする不当なものであり、続く二度の配転命令がその延長であるとし、上司の不法行為責任、会社の使用者責任が肯定された事例 東京高裁平成23年8月31日判決 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ