励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 検事総長に、笠間氏を起用 | トップページ | 【交通事故】 2級高次脳機能障害を残した17歳男子の兄弟3人に各80万円の固有慰謝料含む慰謝料合計3590万円を認めた 福岡地裁平成22年7月15日判決 »

2010年12月25日 (土)

NIS貸金業廃止へ 債務超過で登録取り下げ

 愛媛新聞の23日付けのインターネットニュースに、NISグループが31日付けで貸金業の登録を廃止するというニュースが紹介されていました。bank

 びっくりです。NISグループといえば、愛媛県に本社のある地元の有力企業で、東証一部上場企業でもありますが、このような会社でも、ついに本業の貸金業の廃止を余儀なくされる程、利息返還請求の増加・高止まりの状況には変化がなかったようです。dollar

 前にも述べたことがありますが、現在、武富士がTVなどで過払金の返還請求を呼びかけている関係で、これまで過払金なんてよく知らない顧客が少なくない地方でも、任意整理の相談だけは増えているような印象を受けています。

 とはいっても、武富士だけではなく、レタスカードやクレディア、TLCなどの相談も相当数含まれており、相談は受けるものの、回収が困難なケースも増加傾向にあります。

 数年前から始まった過払金返還請求については、イメージ的には昨年ピークを迎え、年々、回収に手間がかかるような状況に陥っているように思われます。watch

 ただ、過払金返還という事件があったおかげで、弁護士にとっても一定の事件数を確保することができ、また、大手のサラ金業者に対する請求については比較的請求が容易であることから、開業した若い弁護士にとってもそれにより生計が立てられることが可能であったものと思っています。

 しかし、NISのような比較的支払いが良かった会社もこのような状況に追い込まれていることから、来年からは、これまでのように余り手間のかからない過払金返還請求事案は、かなり激減するものと思っています。

 他方で、相変わらず弁護士の数だけは増加していく一方ですから、割の良い仕事は減っていくにもかかわず、参入業者だけは増えているという状態になっています。crying

 もっとも、消費者の目からみれば、従来の弁護士は、決して敷居が低いとはいえなかったのでしょうから、ごく普通のサービス業に変化しつつある法律事務所は歓迎すべきことなのかもしれません。

 ただ、私などはまだサムライ気質が多分に残っているので、時代の変化には幾分乗り遅れ気味です・・・libra

 いろんな方と知り合う中で、自分を磨いていきたいとは思っています。heart04

 というわけで、フェイスブックに登録してしまいました。happy01

 

« 検事総長に、笠間氏を起用 | トップページ | 【交通事故】 2級高次脳機能障害を残した17歳男子の兄弟3人に各80万円の固有慰謝料含む慰謝料合計3590万円を認めた 福岡地裁平成22年7月15日判決 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 検事総長に、笠間氏を起用 | トップページ | 【交通事故】 2級高次脳機能障害を残した17歳男子の兄弟3人に各80万円の固有慰謝料含む慰謝料合計3590万円を認めた 福岡地裁平成22年7月15日判決 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ