励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 立証活動のスキルと現実(下) No2 判例タイムズNo1333 | トップページ | 【金融・企業法務】 月刊 監査役 »

2010年12月21日 (火)

【流通】 チェーンストアエイジ 12/15号

 チェーンストアエイジ(12月15日号)が事務所に届きました。

 新春特集として、ローカルスーパーマーケットが採り上げられていました。

 ご承知のように、上場スーパーマーケットや総合スーパーの2010年度第2四半期決算では、長引く消費不振の影響を受け、多くのスーパーで、減収になったところが多かったようです。

 特に、食品小売マーケットでは、同質飽和化しているため、厳しい競争状況にあるようです。

 同質飽和化している状況で、競争に勝つためには、低価格路線しかありませんが、それでは資本力で劣る中小のローカルスーパーは、大手スーパーに対応することができません。

 今回チェーンストアエイジで採り上げられたローカルスーパーは、低価格路線以外の方策で、勝ち残っている会社であり、参考になります。

 「巨大資本であろうと、競争の根本は個店対個店の勝負だ。半径1~2㎞というSMの限られた商圏内で最も支持される店を1店ずつつくり上げていけば、大手チェーンといえどもおいそれとつぶすことはできない。」と書かれています。

 これは、法律事務所でも同じことが言えるのではないかと思います。

 いかに都会の方から、大きな弁護士法人の支所などがきても、今治地方という限られた商圏で、最も支持される事務所を作り上げていけば、ローカルな法律事務所でも、おいそれとつぶれることはないと理解しました。

 都会の法律事務所には出来ない徹底的な地域密着型のサービスを行うことが、生き残りのために必要であると思いました。

 今回の特集では、地域で大活躍している12のローカルスーパーが採り上げられています。

 強く関心を抱いたのは、岡山県にあるハローズという食品スーパーです。

 まず、この会社は、価格競争力を備えていることです。コスメスシステムという競業店に対して、常に価格優位性を保つための仕組みを導入していることです。

 そして、24時間営業を中国エリアで他社に先駆けてスタートさせた店です。

 この不況の中、同社は、95年に売上100億円、00年ころには300億円、05年ころには500億円、11年は700億円(見込み)に達するようです。

 同質飽和化の時代、ここまで売上を増加させることができるなんて、本当にすごいと思いました。

 見習いたいものです・・・

« 立証活動のスキルと現実(下) No2 判例タイムズNo1333 | トップページ | 【金融・企業法務】 月刊 監査役 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ