励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 今年は大変お世話になりました。来年もどうか宜しくお願いいたします | トップページ | 1年間 ありがとうございました »

2010年12月30日 (木)

【行政】 市が施行した土地区画整理事業に係る仮換地指定処分が、照応の原則に違反するとされた事例

 判例タイムズNo1334号(2011年1月1日号)で紹介された裁判例です。

 原審の那覇地裁は、照応原則違反を否定しましたが、控訴審の福岡高裁那覇支部は、照応原則違反を肯定しました。

 照応原則についての土地区画整理法の条文は以下のとおりです。

 98条2項「施行者は、前項の規定により仮換地を指定し、又は仮換地について仮に権利の目的となるべき宅地若しくはその部分を指定する場合においては、換地計画において定められた事項又はこの法律に定める換地計画の決定の基準を考慮してしなければならない。」

 89条1項「換地計画において換地を定める場合においては、換地及び従前の宅地の位置、地積、土質、水利、利用状況、環境等が照応するように定めなければならない。」

 控訴審では、同審で実施した鑑定の結果等に基づき、本件従前地の評価額が約3600万円であったのに、本件従前地の評価額が約2400万円と大きく評価額が下がっていること、本件仮換地のうち前記三角形の部分が実質的に無道路地であって単独での有効活用が極めて困難であることなどを認定した上で、本件仮換地指定処分には照合原則違反があるとしました。

 あまり勉強しない分野の判例ですが、「本件は、仮換地指定処分が照応原則に違反するか否か、事情判決をすることができるか否かという各点について、具体的な判断をしたものであり、同種事案の判断に参考となるものと思われる」(判タP79)と評されています。

 

« 今年は大変お世話になりました。来年もどうか宜しくお願いいたします | トップページ | 1年間 ありがとうございました »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ